「Ciao! チャオ」はカジュアルなあいさつ

イタリア語のあいさつといえば「ciao チャオ」。「やあ」とか「こんにちは」といった意味のこのあいさつは、どの時間帯にも使えて便利ですが、じつは「敬語を使わないで話す相手」に限定される表現。親しい口調で話しかけるような雰囲気ではない相手に言うと、ふさわしくないので要注意です! 

学習を始めて間もない学生たちがイタリアのちょっとした要人に会う機会があって、声を合わせて元気よく「チャオー!!!」と言ったので恥ずかしかった……とは、日本で教えるイタリア人のある先生から聞いた失敗談。


距離を置く相手へのあいさつ

あいさつundefined画像1

買い物するときも、お客さんから積極的にあいさつします

「敬語を使って話す相手」には、午前中や午後の早い時間なら「buongiorno ブオンジョールノ」(おはよう/こんにちは)、夕方から夜にかけてなら「buonasera ブオナセーラ」(こんばんは)とあいさつします。

「buonasera」を使い始める時刻は地域や人によって差があり、昼ごはんを食べ終わったらもう「buonasera」と言う人もいます(もっとも、イタリアの昼食は日本よりすこし遅めという事情もありますが)。ともに、「よい日、よい晩をお過ごしください」と相手に祈る祈願の表現に由来します。



発音のポイント 「u」は蛸の口で

イタリア語は日本語と同じように母音がはっきりしていて、ローマ字読みすればほぼいいので、発音が楽だといわれています。でも、日本語を母語とする私たちにとって手ごわい音もちらほら。「u」がそのひとつで、「“ウ”と言えばいいのね、簡単かんたん」と思いきや、意外にムズカシイ。日本語の「ウ」よりも、口をしっかり動かして出す音です。まず、口の筋肉を総動員して、筒状に突き出して丸めます。そして、しつこく、強く「ウゥー」というつもりで発音します。

「おはようございます」「こんにちは」の「buongiorno ブオンジョールノ」も、まずは「bu」のところで“蛸の口”を作ってから、「-on」と続けてくださいね。