固定費の保険料はなるべく抑えよう

今の保険をずっと続けられるかよく考えて!

今の保険をずっと続けられるかよく考えて!

住居費や保険料などの毎月決まって出ていく固定費、そして水道・光熱費、食費、通信費などの出て行くのは決まっているけれど金額は変わる準固定費を減らすことは、家計費の見直しとやりくりの基本です。

中でも、生命保険を見直して保険料を安くできれば、こんなラクな節約はありません。水道・光熱費や食費の節約のようなガマンと努力は不要だからです。それに、生命保険は20年以上の長い付き合いになるので、将来の家計を節約することにもつながります。

では、収入減時代に限らず、いつでも使える保険の見直し方を、具体的な事例を使ってみていきましょう。

【事例】会社員Aさん・33歳
・共働きの妻と3歳になる子どもの3人家族、賃貸住まい
・3年前の30歳のとき、定期付終身保険に加入。死亡保険金額は3000万円(下記1から4の合計)、医療保障は入院日額5000円。その内訳は次のとおり
  1. 終身保険    100万円
  2. 定期保険特約  1000万円
  3. 3大疾病の特約  500万円
  4. 身体障害の特約 1400万円
  5. 医療保障の特約 入院1日5000円他
2から5の特約は15年更新型で、保険料払込満了は60歳。保険料は月約1万4000円です。

Aさんは、今後の収入の伸びは期待できないこと、妻が働けなくなる可能性もあることから、保険料を可能なら減らしたいと思っています。

Aさんの家庭の状況を考えると、死亡保険金の3000万円は妥当です。医療保障の入院1日5000円はやや少ないものの許容範囲です。保障額には問題はないですが、この保険には気になる点が2つあります。
【1】45歳の更新時に同じ保障で更新すると保険料は2倍以上になる
【2】医療保障が一生涯続かない


さて、この保険の気になる点を解消し、保険料を安くするにはどうすればいいでしょうか。具体的な見直し方を次ページで確認していきましょう。