生命保険は貯蓄では備えきれないリスクから家計を救うもの

生命保険はリスクへの備えとして大切なもの

生命保険はリスクへの備えとして大切なもの

生命保険は、貯蓄では備えられない高額な「死亡保障」、貯蓄で備えられなくはないけれど備えておいた方がベターな「医療保障」を準備するもの。生命保険に加入することで、家計にダメージを与えるリスク(死亡、入院)があったときに家計を救ってもらうわけです。

ただ、リスクを恐れるあまりの加入しすぎは、保険料のムダ払いが多くなって家計の重荷になります。こういったオーバー保障の家庭は不景気を反映してか、最近は少なくなっています。逆に、全く加入していない、あるいは加入していても少なすぎる家庭が増えているようです。このような家庭は、死亡・入院した際に必要な保障が得られず、家族はお金で困ることになります。

例えばまだ子どもが幼い家庭の夫が死亡したら、遺族年金と妻の就業による収入で生活は何とかなったとしても、子どもの教育資金を捻出するのは難しいでしょうから十分な教育を授けられない可能性が高くなります。また、妻の老後資金の準備もままならなくなるでしょう。幼児のいる妻が死亡した場合は、子どもの面倒をみてもらうためのお金がかかって、夫と子の生活は厳しいものになることが想像できます。

入院については、公的健康保険による自己負担額は貯蓄の取り崩しで何とかなったとしても、入院が長引いたときや入院中に収入が減った場合の家計に与えるダメージは軽視できません。

やはり、生命保険は死亡・入院のリスクに耐えられる家計体質にするためには必要なものということなのです。現在の保険でリスクへの備えができているかの見直しは、いつでも、気になったときに実行しましょう。

保険の見直し方のステップを次のページで確認してみましょう。