専門家おすすめ銘柄を鵜呑みにする、ありがちな個人投資家

専門家おすすめ銘柄は買いか?

専門家おすすめ銘柄は買いか?

個人投資家で、有名な株式評論家などのおすすめ銘柄を、何も自分では考えずにそのまま買う投資家がいます。買ってから値下がりすれば、「○○先生は当たらない」「××先生は下手だ」などと批判したりします。

藤本も、雑誌や新聞、Webなどで様々な注目銘柄を書いています。過去に行った会場で行うセミナーでは、最初にマクロ経済のことや、株式相場の現状についてお話し、最後に藤本が注目している個別銘柄について話したのですが、セミナー中ずっと寝ていてなぜか個別銘柄の事を話しだすと起きだして、銘柄コードだけをノートに書き写す個人投資家が結構おられます。つまり、おススメ銘柄の銘柄名と銘柄コードだけに興味があるのです。

みなさんも、プロだから当たるはずと考えて雑誌やWeb等に掲載されているおすすめ銘柄を買った事がないでしょうか?

売りどきがわからないという人もいる

藤本も長年の経験をもとに、一生懸命考えて銘柄を考えますので、それなりに当てる自信はあります。藤本以上に、他の先生方も様々な考えで銘柄を推薦しているので、かなりの確率で当たっているはずです。

しかし、何も考えずにそのまま買うのは、絶対にNGです。

なぜなら、先日執筆した私のコラム『買った理由がなくなったら売りどき』を見ていただきたいのですが、何も考えないで買ってしまうと、売りどきが分らないからです。

○○先生は、その原稿を書いたときや、セミナーで話している時は、その銘柄がおすすめだと思っていたはずです。しかし、株式相場はすぐに変化するものなので、すぐに買い銘柄が売り銘柄に変化します。

○○先生の気が変わってしまって、実はもう売りだと思っているのに、買っているかも知れません。また、買った理由が、○○先生が買いをすすめていたということなので、本来売りどきは、○○先生しか判らないのです。または、○○先生に売りどきを直接聞く事が出来ればよいのですが、実際には無理でしょう。

自分で考えて銘柄を買うのはOKです

それでは、様々な媒体で書かれている推奨銘柄を買うのは、絶対にNGなのでしょうか? 藤本は違うと思います。

○○先生の意見を参考するときには、その先生がその銘柄が買いと思う理由が書いてあると思いますが、その理由を自分で考えても正しいと思えれば、買えば良いのです。自分で正しいと思うことができれば、その買った理由がなくなった事を、自分で判断出来、売り時が分ります。株式に関する様々な情報をそのまま鵜呑みに何も考えずにその銘柄を買うのではなく、自分なりに考えてみて買うべき理由に納得出来た時のみ買えば良いのです。



*投資判断の参考にするための情報提供を目的に作成されたもので、投資の勧誘ないし特定の銘柄を推奨するものではありません。投資に関する最終決定は、ご自身で判断されるようお願いいたします。
*正確かつ信頼しうると判断した情報源から入手しておりますが、その正確性または完全性を保証したものではありません。
*藤本が個人的な考えを掲載したものであり、藤本が所属する機関、組織、グループ等の意見を反映したものではありません。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。