Windows8でメールアプリのアカウント設定

 

 

Window8ではメールソフトのことを「メール」アプリと呼ばれています。デスクトップ画面にそれぞれのアプリのパネルがありそれをワンクリックすることで簡単に起動します。

操作手順

  1. 登録するメールアカウントを用意します。プロバイダから貸与されたもの、フリーメールでも構いません。アカウント名、パスワード、サーバアカウント(IMAP・EASなど)を用意しましょう。
    ※従来使用していたPOPは使えませんので注意が必要です。
  2. セットアップをします。初めてメールアプリを起動すると入力画面が表示されます。まずマイクロソフトのアカウント登録をします。入力後サインインをするとメールが表示される画面に切り替わります。
その後、プロバイダメールやフリーメールを登録します。フリーメールでは、GoogleMailを除いて自動でサーバ情報が得られるので手入力は不要です。初期設定では2週間前までのメールを読みこみます。それまでに利用がなければ読みこむメールはありません。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。