ここでしか味わえないサツマイモグルメを堪能

 

 

川越にはサツマイモを使ったグルメが数多くありますが、なかでもオススメなのが「いも膳」。先付けから前菜、焼き物、お椀、デザートまで、全てサツマイモを使った「いも懐石」が4200円から味わえます。

江戸時代、サツマイモのことを「川越いも」というほど、古くから産地として有名だった川越。そんな歴史から川越には様々なサツマイモ料理がありますが、「いも膳」はその元祖とも言うべき老舗!料亭風の落ち着いた空間で、ここでしか味わえないサツマイモグルメが堪能できます。

自慢の「いも懐石」は4200円と5500円の2種類。ランチなどで人気の4200円の懐石は先付けの芋の和え物から始まり、前菜、椀もののヒカド、焼き物、いもいち(芋もち)、いも麺、いとこ煮(芋のぜんざい)、芋アイスと全8品。

 

 

椀ものの「ヒカド」とは江戸時代の南蛮料理をアレンジしたもの。小さく切ったおイモが入ったトロミのある汁物ですが、味噌汁でもなく、スープでもない初めての味!また芋をそば粉に練り込んだ「いも麺」は見た目も味もサツマイモとは思えない、新感覚のメニューです。「いも懐石」は要予約ですが、すぐに食べられるお手軽メニューも揃っているので、川越グルメを満喫したい方は是非!

■いも膳
住所:埼玉県川越市小室15-1
電話:049-243-8551
営業時間:11時30分から20時(LO)
定休日:毎週火曜日
アクセス:JR川越線「西川越駅」から徒歩15分
車の場合 関越道「川越I.C.」から車で5分
HP:http://www.kawagoe.com/imozen/

※データは記事公開時点のものです。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。