縁結びの神様 川越氷川神社

 

 

蔵造りの町並みで有名な小江戸・川越には縁結びで有名な「氷川神社」があります。社務所には縁結びのお守りはもちろん、絵馬まで良縁祈願のものになっているほど。

この神社が縁結びを掲げる理由は、奉っている神様にありました。氷川神社の御祭神は手摩乳命(てなづちのみこと)・脚摩乳命(あしなづちのみこと)と素盞嗚尊(すさのおのみこと)・奇稲田姫命(くしいなだひめのみこと)の二組の夫婦神。

undefined

 

そこにはこんなエピソードがありました。手摩乳命と脚摩乳命が、8人の娘を八岐大蛇(やまたのおろち)に捧げなくてはならず悲しんでいるところに素盞嗚尊が現れ、退治を買って出ます。そして八岐大蛇に酒を呑ませ見事八岐大蛇を退治することに成功。素盞嗚尊は手摩乳命と脚摩乳命の娘である奇稲田姫命と結婚することになりました。

氷川神社は結婚式場としても人気が高い場所。もちろん行われるのは日本の伝統に基づいた神前挙式。こんなロマンチックな神様を祭っている神社で結婚式ができるなんて、何だか素敵ですね。

undefined

 

他にも。境内には御神水が流れる祓いの川というものがあり、自分の穢れを人形に込めて流す「人形流し」もできるなど見所たっぷりのパワースポットなのです。

■川越氷川神社
住所:埼玉県川越市宮下町2-11-3
電話:049-224-0589
アクセス:JR、東武東上線「川越駅」下車、東武バス神明町車庫行、喜多町下車5分
URL:http://www.hikawa.or.jp/jinja/index.html
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。