ETFを活用すれば世界バランス投資が可能に!

ETFを活用すれば世界バランス型のポートフォリオを組むことが出来る!

ETFを活用すれば世界バランス型のポートフォリオを組むことが出来る!

前述のバランス型は実際に投資できない架空の指数ではありません。今や何千種とうETFが上場されており、ニューヨークや東証上場のETFを使って、実際に上記のバランス型ポートフォリオと同じものを複製することができます。

例えば上の米国株のパフォーマンスにJPモルガン社はS&P500指数を用いており、これと同じ成果を上げるには世界最大のETFである「スパイダー トラスト シリーズ1(SPY)」に10%の資産を割り当てればよいのです。日本なら東証の上場インデックスファンド米国株式(S&P500)(1547)があります。これらのETFはS&P500インデックスへの連動を目指します。同様に上記の新興国債券にはJPモルガン新興国債券指数が用いられていますが、この指数にズバリ連動するETFは「iシェアーズJPモルガン・米ドル建てエマージング・マーケット債券ファンド(EMB)」です。グローバルリートのパフォーマンス計測にはFTSE EPRA/NA REIT先進国リート指数というものが使われていますが、この指数にズバリ連動する「iシェアーズ FTSE EPRA/NAREIT 先進国(除く米国)不動産インデックス・ファンド(IFGL)」が使えます。

同様に残りの資産クラスも、仮にJPモルガン社の採用している指数ズバリに連動するものがなくても、それに近い代替ETFは幾らでも存在します。例えばアジア株全体に投資するETFがみつからなくても、全世界の新興国株価に連動を目指す「iシェアーズR MSCI エマージング・マーケット・インデックス・ファンド(EEM)」がニューヨークにあり、日本であれば東証の上場インデックスファンド海外新興国株式(1681)があります。先進国全体をカバーする「iシェアーズR MSCI EAFE インデックス・ファンド(EFA)」や東証の上場インデックスファンド海外先進国株式(1680)に換えてもOKでしょう。ハイイールド社債ならティッカー名で「JNK」(ジャンク債を表す)があり、米国国債連動型ETFは、国債の満期期間によって短期(SHV)、中期(SHY)、長期(IEF)、超長期(TLT)の各ETFがあり、それらをミックスして総投資額の15%を「米国債枠」充てればよいのです。このようにJPモルガン社の作った「バランス型」ポートフォリオを自分で複製することができ、同種の投資信託を購入するより手数料はうんと安くなる上、即日時価で購入や売却ができます。

参考:グローバルグロースレポート

※記載されている情報は、正確かつ信頼しうると判断した情報源から入手しておりますが、その正確性または完全性を保証したものではありません。予告無く変更される場合があります。また、投資はリスクを伴います。投資に関する最終判断は、御自身の責任でお願い申し上げます。

【抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント】All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/9/1~2021/9/30まで

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。