dマーケット内で提供されているサービスとは?(1)

では実際、dマーケットではどのようなサービスが提供されているのでしょうか。それぞれのサービスについて、簡単な概要を説明していきましょう。

  • dビデオ powerd by BeeTV
国内外の映画やテレビドラマ、アニメ、音楽ライブなど、幅広いジャンルの約18000タイトル、85000に及ぶ動画コンテンツを、全て月額525円で見放題にできるサービスです。NTTドコモのAndroidスマートフォンだけでなく、NTTドコモから販売が開始されたiPhoneや、「NEXUS 7」などのWi-Fiタブレット、そしてパソコンなどからも利用可能で、後述する「dstick」を使えば、テレビでも手軽に視聴できるようになります。

また「powerd by BeeTV」という名称が付いていることからも分かるように、dビデオは携帯電話向け動画配信サービス「BeeTV」のコンテンツも視聴できます。BeeTVを視聴するには通常、月額315円を支払う必要があることから、210円プラスするだけでより多くの映画やドラマを視聴できるのはメリットといえるでしょう。

さらに2013年12月からは、見放題サービスに加え、最新映画などを1本420円で視聴できるレンタルサービスの提供も開始しています。最新作をチェックしたいけれど、レンタルビデオショップに行くのは大変、という時に利用するとよいでしょう。
dマーケット

18000タイトル以上の映画やドラマなどを、毎月525円支払うだけで視聴できる「dビデオ powerd by BeeTV」

  • dアニメストア
dビデオと同様に、月額420円で約800作品、約13000話のアニメが見放題になるというサービスです。多くの人気アニメ作品を提供している角川書店とNTTドコモが会社を設立し、提供していることから、名作から最新作まで、多くのアニメ作品が用意されているのが特徴です。

dビデオにもアニメ作品はいくつか用意されていますが、どちらかというと子供向けの作品が多くなっています。dアニメストアではより深い、アニメファン向けの作品も多く提供されていることから、アニメ好きの人はこちらを利用するのがよいでしょう。
dマーケット

「dアニメストア」はアニメ作品に特化した動画配信サービス

  • dミュージック powerd by レコチョク
邦楽から洋楽まで、およそ100万もの楽曲を提供する音楽配信サービスです。こちらはdビデオなどと異なり“聴き放題”ではなく、1曲ずつ個別に楽曲を購入して利用するサービスとなっていますが、ドコモポイントとの交換も可能なことから通常の音楽配信よりも気軽に利用できるのが特徴といえます。

レコチョクとの協業で提供されていることから、携帯電話向けの“着うたフル”に近いサービス内容と考えれば分かりやすいかもしれません。ミュージッククリップの提供や、楽曲のアルバム単位での販売などもなされており、スマートフォンでも音楽を楽しみやすくなっています。
dマーケット

「dミュージック powerd by レコチョク」は、着うたフルに近い個別課金タイプの音楽配信サービス

  • dヒッツ powerd by レコチョク
dミュージックは目的の楽曲を1つずつ購入して楽しむ個別課金タイプのサービスでしたが、こちらは月額課金によるサービスで、最新のJ-POPなどをストリーミングで流し放題にできる、ちょっと変わった音楽配信サービスになります。

具体的には、人気アーティストや、ラブソング、年代別ベストソングなどテーマを選ぶと、そのテーマに沿った楽曲がストリーミングで再生される、という具合です。dミュージックのように個別の楽曲を選ぶことはできませんが、最新の楽曲をラジオ感覚で楽しめるのがポイントといえるでしょう。
dマーケット

ラジオ感覚で最新のJ-POPなどを聴くことができる「dヒッツ powerd by レコチョク」

次は、ゲームや電子書籍、物販などのサービスを紹介します。