スペック以前に、パッと見のデザインが気に入ってしまったボーダフォン「V603T」。中でも、ネイビー&グリーンの甘すぎない可愛さがよい感じです。

 とはいえ、「よくばりエンタメモデル」というだけあり、アナログテレビやFMラジオ受信、カラオケ機能、本格的な3Dで楽しめるVアプリゲームなど、スペックも充実。パーソナルなエンタメツールとして、家の外でも中でも飽きずに遊べてしまいます。



パワーアップしたテレビ・FMラジオ機能
 
 テレビ機能にフォーカスして開発されたという「V603T」。一番の特徴は、本体のサイドボタンを押しながら背面液晶側に折りたたむと、自動的にテレビが起動する「TVビュースタイル」の採用にあります。もちろん折りたたんだままでも、サイドキーを使って音量やチャンネルを変えることも可能です。

 テレビを視聴するメインディスプレイは、2.4インチQVGA液晶でクリアな映像を楽しめます。また、テレビ映像を表示中にVアプリを起動させて電子番組表を呼び出せば、番組の詳細情報を見たり、そこから見たいテレビ番組を選択することもできます。さらに有料登録することによって、予約録画も可能です。

 同梱されるイヤホンにはアンテナ機能が搭載されており、視聴時に利用することで受信感度が高まります。イヤホンアンテナの本体にコードを巻き取るリール式で、持ち運びにも便利です。

 充電用卓上ホルダーに携帯電話本体を横置きにすると、台に傾斜がついているので長時間見るのに最適。本体に充電ケーブルを直接差し込むことによって、充電しながら3視聴も可能です。
 
 テレビ映像を静止画としてキャプチャする機能や、録画機能もあります。ただし、キャプチャや録画した画像を待受画面にしたりメール送信したりすることはできません。miniSDメモリカードに対応しているため、例えば別売りの256MBのminiSDメモリカードを購入して利用した場合、最長約80分の連続録画が可能になります。

 さらに、FMラジオ用のアプリを立ち上げると、FMラジオの受信も可能。ボーダフォンライブ!の「NOW ON AIR」では、放送中の曲名やアーティスト名などの情報を確認することができます。

利用シーン

 置き台が用意されたことで、部屋の中でもちょっとだけテレビを見たいときに活躍してくれます。例えば、キャプチャ機能をテレビのメモ代わりに利用し、レシピなどを保存。キッチンで画面を見ながら料理したり。(その際は、くれぐれも水濡れに注意)。あるいは、サッカーで得点シュートを決めた瞬間をキャプチャしておき、後日見逃してしまったお友達に見せてあげたら、話題も広がりそうです。

そのほかのエンターテイメント機能

(1)「着うた」プレイヤーの搭載
  ダウンロードした「着うた」を「スキップ再生」「1曲リピート」「フォルダ全曲リピート」「ランダム再生」「閉じたまま再生」「イントロクイズ」などで聴くことができます。
  
(2)採点機能つきホームカラオケ「ケータイカラオケ V-kara Ver.2」
  同梱されているビデオ出力ケーブルでケータイをテレビにつなぐと、ダウンロードしたカラオケ楽曲と歌詞がTVに出力されます。端末のマイクを利用してエコーを効かせたり、家庭のテレビのスピーカーを通して歌声をみんなで楽しむことができます。

(3)迫力ある3Dゲーム
  高性能なグラフィックエンジンを搭載に、滑らかな3D動画によるゲームが楽しめます。256KアプリVer.2に対応。