朝食はホテル、カフェハウス、ベーカリーで

日本からのパッケージ旅行ではホテルでの朝食が既にプランに含まれていることも多いですが、ご自身で色々と開拓したい方には有名カフェハウスでの朝食メニューがお勧め。時間が限られている旅行者には、ウィーン中に点在するベーカリーでのイートインやテイクアウトがぴったりです。その中でも特にお勧めは、有名カフェハウスのオバラー。朝食メニューが充実しているのもさることながら、目抜き通りのケルントナー通り近くに店舗を構えているので、早朝からのアクセスも抜群!

オバラーのオムレツ

ローカルに人気のカフェハウス、オバラーで頂く朝食メニュー。ハムとチーズのトッピングされたふわふわオムレツが大人気!


<DATA>
Kurkonditorei OBERLAA Wien (クア・コンディトライ オバラー ウィーン)
住所:Neuer Markt 16, A-1010 Wien
電話番号:+43-(0)1-513-2936-0 
営業時間:8:00~20:00(年中無休)
アクセス方法:地下鉄1番線・3番線 シュテファンズプラッツ駅より徒歩3分

オーストリアで最も有名な宮殿世界遺産シェーンブルン宮殿

シェーンブルン宮殿

宮殿の外壁は、テレジアン・イエローと呼ばれる、女帝マリア・テレジアお気に入りの黄色に塗られている。また、マリア・テレジアの名を冠した同色のバラも存在する 

腹ごしらえが済んだら、さっそく観光へと移りましょう。

シェーンブルン宮殿はオーストリアで最も有名な宮殿であるだけでなく、かつて世界を股に掛けたハプスブルク皇帝一家の居城であり、またモーツァルトが女帝マリア・テレジアや、後のフランス王妃マリー・アントワネットの御前演奏をしたとも伝わる、音楽ファンにも必見の歴史的スポット。年間訪問者が160万人と、観光客に絶大な人気を誇るこの宮殿は、総部屋数が1441室にも及び、1996年には建物と庭園がユネスコ世界遺産に登録されています。

建物の観光が終わったら、広大な庭園へと出てみましょう。4月から9月までの時期は色とりどりの花が植えられ、優雅な散策にぴったりです。観光客以外にも、ウォーキングに励む高齢者やベビーカーを押すお母さん、ランニングで汗を流す地元の老若男女で常に大賑わい。親子で楽しめる有料の迷路・ラビリンス(料金:大人3.5ユーロ)もある他、「ネプチューンの噴水」や「ローマの廃墟」と称される、壮大な彫刻群を見学しながら歩いて周ることも可能。丘の上に建てられた「グロリエッテ」と呼ばれる対プロイセン戦勝記念碑の内部は、現在カフェハウスとして一般開放されています。観光に疲れた方や一息入れたい方は、こちらで一服するのがお勧め。かつて栄華を極めたハプスブルク家の牙城を俯瞰するのは、また違った感慨をもたらしてくれるはずです。

>> ランチは皇室御用達店「デメル」へ