完璧主義ママへのアドバイス

では、こんなとき、どうしたらいいのでしょう? つい120%の力で頑張ろうとしてしまう、そんな頑張りすぎママは、自分への要求を少し下げてあげることで、イライラが緩和されます。

とは言っても、元々が頑張り屋さんのママ自ら、自分への要求を下げるのはなかなか難しいもの。自分への要求を下げる=自分のレベルを下げる、そんな風に思えてきてしまうからです。

何となく、人間の心理で、「○○しなくちゃ」「完璧を目指すべき!」と自分にハッパをかけた方が、「○○できたらいいわね」とやや控えめに思うよりも、成功率が高まる気がしてしまうと思います。

そして、「完璧を目指すべき!」から「○○できたらいいわね」へとトーンダウンすると、根性が足りない、脱線してあきらめてしまいそう…とマイナスの結果が待っている気がするかもしれません。

でも実際は、逆のことが起こります! たとえば、これまでの120%のパワーを、仮に80%まで落とすとしましょう。そうすると、100%までに20%の余裕ができます。これが精神的な余裕、冷静さ、客観性につながり、その場その場でしっかりと状況判断ができるようになるのです。


自分自身を解放してあげよう

ためしにやっていただくと分かりやすいですが、「絶対に母乳一本でやり遂げなくちゃ!」と思うと、心がキュッと縮まるような圧迫感を感じるはずです。俗に言う、「プレッシャー」です。

ところが、「できるところまで母乳で頑張ろう!ベストを尽くすのみ!」と考えると、未来に明るい期待を抱きながらポジティブに進めるはずです。俗に言う「チャレンジ」です。

現実的にムリなハードルから、自分自身を解放してあげることで、手も足も頭も効率よく動いて、満足度が高まり、同時にイライラすることが減ってきます。つい自分にプレッシャーをかけすぎてしまうママこそ、自分への優しさを忘れないでくださいね。



【新サービス事前登録のご案内】
オールアバウトは「経験談」を売り買いするプラットフォーム「エクシェア」を開設予定です。
そこで、「誰かの経験談を聞いてみたい方」と「自分の経験談をシェアしたい方」とを募集しています。

誰かの経験談を聞いてみたい方はこちら
現在「夫の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築できた」「シングルマザーとして自立できた」「熟年離婚をして幸せ」という経験談が多く集まっています。

自分の経験談をシェアしたい方はこちら
現在「有利な条件で離婚できた」「離婚後、シングルマザーとしてしっかり生活できている」といった経験談を聞きたいという方が集まっています。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※乳幼児の発育には個人差があります。記事内容は全ての乳幼児への有効性を保証するものではありません。気になる徴候が見られる場合は、自己判断せず、必ず医療機関に相談してください。