インテリアコーディネーターは「お客様の生き方を形にする」仕事

インテリアコーディネーターを一言で表すなら、私は「お客様の生き方を形にする」仕事だと思います。インテリアを考えることは、どう暮らしたいのかという自分自身のライフスタイル、そして生き方を見つめ直すことです。
インテリアコーディネーターとは、お客様(住まう方)が思い描く心地よい空間づくりをするために適切な提案やアドバイスを行う専門職。お客様の生き方そのものをご一緒に形にしていく、やりがいのある素敵な仕事です。

インテリアコーディネートとは?

そもそも「インテリアコーディネート」とは、どういうことなのでしょうか?
「インテリア」は“建物の内部・室内”、「コーディネート」は“調整”の意味。
「インテリアコーディネート」を直訳すれば、“室内の調整”です。

例えば、皆さんのお住まいの部屋について考えてみましょう。
リビングダイニングルームを見渡すと何がありますか?
まずは大きな面積を占める床・壁・天井材、ドアや窓。ソファや、食事を楽しむダイニングテーブルとダイニングチェア。テレビを置くTVボード、本やCD・DVDを収納する本棚。窓にはカーテンやブラインドなどのウィンドゥトリートメント、夜になると点灯する照明器具。その他、ラグやクッション、壁掛け時計、ゴミ箱、ア―トやミラーなどがあると思います。

この室内にあるインテリアの構成要素を「インテリアエレメント」と言いますが、実に様々なモノで構成されているのがわかりますよね。
「インテリアコーディネート」とは、これらのインテリアエレメントの色・素材・デザインをどう組み合わせるかを考えて、1つ1つを“調整”しながら選択し、全体的に調和のとれた居心地のよい空間をつくっていくことなのです。
1

室内は、様々なインテリアエレメントで構成されています。