フルーツの栽培に最適! 甲府盆地の気候とは?

甲府盆地

甲府盆地。甲府北部の愛宕山から市内をのぞむ

四方を山に囲まれた山梨県。その真ん中に広がっているのが甲府盆地です。北を底辺、南を頂点にした逆三角形をしており、甲府はちょうど中心、勝沼は東端にあたります。

そのため、甲府や勝沼周辺は典型的な盆地の気候。その特徴は、一言でいえば、夏は暑く、冬は寒い。また、一日の中でも寒暖の差が激しく、暮らす人には少々ハードなときもありますが、フルーツなどを育てるのには適しているため、ぶどうや桃を筆頭に多くの果物が栽培されています。

雨が少ないのも特徴です。気象庁「全国気候表」の日照時間平年値(統計期間1981~2010年)では、なんと山梨(※計測値は県庁所在地である甲府)が全国1位。四方を山に囲まれているので雨雲もなかなかやってこないのです。

それでは四季折々の美しさや楽しさを案内していきましょう。

 


桜や桃の花に彩られる、甲府・勝沼の春(3~5月)

甲府の桜

甲府市内の舞鶴城公園周辺。信玄公祭りの日は屋台も多く、多くの人で賑わう

日差しも温かく、とても過ごしやすい季節です。ゴールデンウィーク頃になれば、昼間はTシャツで過ごせる日もありますが、朝晩は肌寒いので上着は必携です。

桜の名所も多く、見ごろは甲府周辺が4月上旬~、勝沼周辺は4月中旬~。甲府なら武田神社、護国神社、舞鶴城公園など。勝沼周辺なら、天然記念物にも指定されている慈雲寺のしだれ桜、JR勝沼ぶどう郷駅周辺が見ごたえアリ。笛吹市では桃の花が見ごろを迎えます。4月12日は武田信玄公の命日にあたり、その前後には山梨県内の各地でイベントがおこなわれます。

【主なイベント・祭り】

信玄公祭り

信玄公祭り。平和通りを侍たちが練り歩く

■信玄公祭り
信玄公の命日(4/12)の前の金~日曜に開催。甲州軍団出陣や武田24 将騎馬行列など、1000名以上の侍が甲府駅前広場に集結。2012年には「侍の最大集合記録」としてギネス世界記録(TM)にも登録された山梨県最大のお祭り。2013年は4月5日(金)~7日(日)。

■川中島合戦戦国絵巻
武田陣と上杉陣の有名な川中島の合戦を再現した「川中島合戦戦国絵巻」。甲府と勝沼(甲州市)のあいだにある笛吹市で開催。2013年は4月21日(日)。
※4月1日(月)~21日(日)の「桃の花まつり」の一環。期間中はイベントがいっぱい!

■おみゆきさん

甲府盆地に春をつげる祭り。一宮(笛吹市・甲斐一宮神社)、二宮(笛吹市・美和神社)、三宮(甲府市・玉諸神社)から甲斐市竜王の信玄提まで、女装姿の神輿の担ぎ手が練り歩く。2013年は4月15日(日)。

【旬の味覚】
・いちご……もっとも有名ないちご狩り地区は甲府市小曲(おまがり) 。1~5月中旬ごろ。
・デラウェア(ぶどう)……甘みの強い品種。ハウスものは5月から出回る。

 


桃やすももが旬を迎える、甲府・勝沼の夏(6~8月)

昇仙峡

緑に彩られる夏の昇仙峡。滝も涼しさを誘う

暑さが厳しい盆地の夏。といっても都会の夏と違い、夜はぐんと涼しくなり、窓を開けて寝ると明け方には肌寒く感じるほど。旅行の服装としては基本的に東京の夏と同じでOKです。昼間はうだるような暑さですが、甲府市北部にある渓谷、昇仙峡周辺なら多少暑さも和らぐでしょう。勝沼周辺にも、日川渓谷竜門峡などの涼スポットが点在。キリッと冷やした山梨産の白ワインが美味しく感じられる季節です。

【主なイベント・祭り】
■石和温泉花火大会
笛吹川沿いでおこなわれる花火大会。打ち上げ場所から近く、玉数は小さいものの迫力満点。有料の観覧席もある。毎年8月21日に実施。

■石和温泉連夜花火
期間中20:50~21:00まで毎日夜空を花火が彩る。例年、7月20日~8月20日ごろ。

【旬の味覚】
・桃……日本一の生産量を誇る桃は品種も豊富。山梨県民は固く歯ごたえのある桃を好む人が多い。7、8月がシーズン。
・すもも……ぶどうや桃と並び、実は生産量日本一! 6月中旬~8月中旬ごろ。
・ぶどう……8月に入るとベリーAやピオーネなども出回り始める。メインシーズンは9月~。
・とうもろこし……甲府市の中道地区の「きみひめ」という品種が有名。6月中旬には風土記の丘農産物直売所で「もろこしフェア」も開催。5~7月頃が最盛期。

>>次のページでは甲府勝沼の秋と冬!