どこを節約していいかわかりません!を解消する

どこを節約してよいかわからなければ、段取りをそろえて順に直していきましょう。意外と改善できるところがあるかもしれませんよ。

新年が明け、家計相談を希望される方の多くが「なかなか貯金できません。どこを節約してよいかもわかりません」とおっしゃいます。

消費税アップ前に住宅購入を、と焦っている方もいますし、家計の悩みは
「上がらない収入でどうやって資金を作っていくか」
「手取り収入減(増税)に耐えうる家計管理はどのように?」
というところに絞られているようにも感じます。

そこで、今回は家計を改善するための大まかな見直し方法をお話しします。

1、毎月の固定費の見直し

固定費とは、毎月かかる料金のことです。たとえば、住居費や通信費、水道光熱費などがこれに当たります。毎月かかる料金を抑えられると、生活自体が安い基盤で送ることができるようになりますので、可能な限り支出は抑えたいところですね。

通信費は意外と節約できる部分でもあります。携帯電話のプラン、携帯電話と固定電話の会社をそろえて割引サービスを受けるなど、各通信会社は使用料金が安くなるサービスを出してきています。契約内容が昔のまま、という方は特に見直しする価値があります。

また、自宅でネットを使える環境にしているのに、ネットはスマートフォンばかり使っているという人もいます。大人数の家族ならそれなりに意味のある使い方ですが、家族人数が少ないご家庭では「テザリング」を利用したほうが節約になります。ネット環境は複数いりませんからね。

最近は節電が広く言われているので、電気代への意識は高いと思います。あわててすべてをLEDに変えようとする方もいますが、これでは費用が掛かり、家計負担も多くなります。まずはよく使うところの電気、たとえば居間や子供の勉強部屋などを中心に変え、あとは順次という形でも、電気代節約の効果はあります。
このように無駄に払っている固定支出はないかなと一度見直し、無駄を見つけたら改善するように動いてみてください。

生命保険料も固定費に該当します。生命保険については、お付き合いで入った保険とか、自分で何となく判断してネットで入ったなどの場合、必要な保障以上の保障に入ってしまっているケースがあります。いわゆる保険料の払い過ぎ状態です。こういう場合は、保険料を見直すと、掛け金がかなり安くなることが多いものなので、見直す価値は大きいです。

住宅は、引越やローンの見直しなど大掛かりになってくるので、最終的な見直し事項と考えていただくのでよいと思います。