ダイバーシティ・ネイティブを育てよう

夫婦がお互いの違いを認め合い、尊重し合うことで、夫婦の中にダイバーシティ、つまり多様性を認める文化が生まれます。そのような夫婦に育てられた子どもは、両親がああだこうだと衝突し合いながらでもなんとか協力し合って生きていく姿を目の当たりにします。

「人と人とは違っていいんだ。違いを大切にしながら、理解し合うことはできるんだ」ということを、あたりまえのこととして学びます。

「デジタル・ネイティブ」という言葉をご存じでしょうか。タブレット端末やスマホを自在に操る子どもたちのことです。それと同じです。いわば「ダイバーシティ・ネイティブ」です。「デジタル・ネイティブ」の子どもたちが大きくなって、ごく当たり前にデジタル・ツールを使いこなして社会で活躍することが容易に想像できるように、「ダイバーシティ・ネイティブ」が、将来ごく当たり前に異文化の人たちと活発に議論し、お互いの考えを尊重し合うことは想像に難くないでしょう。

子育て夫婦がときに夫婦喧嘩をしながらでも、夫婦間のダイバーシティを実現することは、結果的にダイバーシティ・ネイティブを育てることになるのです。必要とあればぶつかることも辞せず、しかし必ず相互理解まで結びつけるスキルに長けた人種となるはずです。最近はやりの「グローバル人材」って、要するにそういう人のことだと思います。


<新刊のお知らせ>
1/25発売!
『ガミガミ母さん、ダメダメ父さんから抜け出す68の方法』(サンマーク出版)
ガミガミ母さん、ダメダメ父さんから脱する68の方法

ガミガミ母さん、ダメダメ父さんから脱する68の方法


無駄に叱らないしつけの仕方から、忙しいパパの子育てへの関わり方、夫婦のパートナーシップまで、コロンブスの卵的発想の育児本。

 





■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

【経験談例】
40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)
モラハラ・DV夫との生活に耐えかね、予告なしに家出。離婚調停を経て離婚した話(40代、女性)
W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

☆エクシェアの記事を毎月お得に読めるマガジンこちら
「パートナーの不倫・夫婦関係の再構築」に関する体験談を読むならこちら

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。