タヒチの玄関口、タヒチ島

タヒチ島

緑深い山とブラックサンドビーチが広がるタヒチ島。首都パペーテから抜け出して、島の自然を満喫しましょう

タヒチ(正式名称フレンチ・ポリネシア)の玄関口は、ファアア国際空港があるタヒチ島。118島からなるタヒチの島々の中で最大の面積を誇り、首都パペーテがあるのも、こちら。フライトスケジュールの都合上、帰りに1泊することになるタヒチのメインアイランドの魅力をご紹介しましょう。

大小2つの島が合体したひょうたん型のタヒチ島

タヒチ島

タヒチ・イチのタラバオ高原から見た、タヒチ島。2つの島が合体した姿が見て取れます

西側に大きなタヒチ・ヌイ(ヌイとは”大きい”という意味)、東側にタヒチ・イチ(イチは”小さい”)、2つの島が合体したような形をしたタヒチ島。首都パペーテはタヒチ・ヌイの北西に位置しています。面積は1045平方キロメートル、沖縄本島よりも少々小さなサイズです。

タヒチ・ヌイには一周道路が整備されています。パペーテを基点に左右に距離を示した標識がでていて、タヒチ・イチとつながる南東がちょうど半周分のPK60(60Km)。タヒチ・ヌイだけで一周約120kmもあるのです。

 

タヒチ島

火山島特有の黒砂ビーチが島のあちこちに。サーフィンは島の子供たちの間でもポピュラー

一周道路のところどころに村や黒砂ビーチが点在し、中央には1400mを超す高峰がそびえた地形。内陸には深い緑の渓谷や涼やかな川、高低差のある滝などがちりばめられています。

首都パペーテは賑やかな南洋の都会ですが、町の外に一歩出た途端、素朴な南の島の風景が広がります。国花ティアレ・タヒチの花畑や古い教会などが道路脇にあり、フランスパンを抱えて裸足で歩いている少女を見かけることも。人の暮らしも、観光スポットも、タヒチ・ヌイの海岸線を走る一周道路に点在しています。

 

超ハイパーなサーフポイントのある、タヒチ・イチ

タヒチ島

世界的に有名なサーフポイントの”チョポ”。サーフィン大会の会場にもなります

一方のタヒチ・イチは、山の稜線のギザギザ感が増した感じさえするほど、ワイルドさがグンと増した荒削りな風景が広がっています。一周道路はなく、タヒチ・ヌイとの接点の村タラバオから北か、南に道が湧かれます。北側には手つかずの黒砂ビーチが広がり、南側は上級向けのサーフスポット。なかでも道の突端にある「チョポ」は、サーフィンの世界大会が開催されるエキスパート向けとして有名です。