お客さんとお店が一緒に“育てていく”新・ご当地グルメ


p6

「道頓堀やきそば」を提供する店舗の1つ、大阪・なんばの「たこ八 なんなん店」の入口に貼られているポスター

一方、大阪・なんばにある地下街・なんなんタウンにある、たこ焼やお好み焼などを提供する「たこ八 なんなん店」では、2種類の「道頓堀やきそば」を提供しています。

1つが、極太麺・だし・ソースに加え、素材が豚肉とキャベツのみという、プレーンタイプの「道頓堀やきそば」(850円)。シンプルだからこそ、「道頓堀やきそば」本来の味わい、特に、極太麺のモチモチな食感やソースの味わいがじっくりと堪能できるオススメのメニューです。

p7

たこ八 なんなん店のみで提供されている「たこ八流 道頓堀やきそば」。山芋とトマト、かいわれ大根が新感覚のおいしさ


一方、もう1つ提供されているのが「たこ八流 道頓堀やきそば」(950円)。極太麺・だし・ソースはもちろん使われていますが、この焼そばの上には山芋が“とろ~り”とかかっているのが特徴です。さらに、トマトやかいわれ大根なども載っているので、ヘルシーで女性向け。

「たこ八流 道頓堀やきそば」を食べた感想としては、大阪に長年住んでいても、今まで食べたことがなかった味で、山芋などが意外と焼そばにマッチするのにビックリしつつ、そのおいしさをしっかり味わいました。プレーンタイプとこのたこ八流、2種類を食べ比べてみてもいいかもしれません。

p0

“なにわの新名物に”――「道頓堀焼きそば」を企画・開発した、日本コナモン協会の熊谷真菜会長


この「道頓堀やきそば」を大阪府下で、そして全国に広めようと活動する日本コナモン協会の熊谷真菜会長は、その開発秘話として「道頓堀やきそばは、麺が一番苦労しました。極太麺なので、そのもっちり感を出すために調理するのに時間がかかります」と明かしてくれました。

今後、「道頓堀やきそば」を大阪のご当地グルメとして“育てていきたい”とのことです。「大阪は昔から、お店をお客さんが一緒に育ててきた文化があります。庶民の知恵を働かせ、だしのきいた『安くてうまいもん』を作り出してきました。この道頓堀やきそばも、たこ焼やお好み焼と並ぶ名物になってほしいですね。ぜひ大阪に食べに来てください!」

※ 記事のデータは、2012年11月現在、価格はいずれも税込

<DATA>
道頓堀やきそば 公式ホームページ
問い合わせ先:鉄板コナモン連盟(日本コナモン協会) 
住所:556-0021 大阪市浪速区幸町1-1-1
TEL:06-4392-8488

お好み焼き 美津の
住所:〒542-0071 大阪市中央区道頓堀1-4-15
TEL:06-6212-6360
営業時間:11時~22時
定休日:無休
アクセス:地下鉄御堂筋線なんば駅から徒歩5分、地下鉄堺筋線・千日前線・近鉄日本橋駅から徒歩5分、南海なんば駅から徒歩10分

たこ八 なんなん店 
住所:大阪市中央区難波5-11
TEL:06-6633-8280
営業時間:11時~22時(L.O.21時30分)
定休日:隔月第3木曜日
アクセス:地下鉄御堂筋線なんば駅から徒歩3分、南海なんば駅から徒歩3分

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。