「道頓堀焼きそば」は提供店ごとに中身が違う


p4

「道頓堀ソース」「道頓堀やきそば」は、提供店で共通の原材料

2012年11月15日、ついに「道頓堀やきそば」がデビューしました。この「道頓堀やきそば」は現在、大阪府下にある約35店舗のお好み焼店など、大阪府限定で食べることができます。「道頓堀やきそば」が食べられるお店の一覧と地図は、「道頓堀やきそば」の公式ホームページ (http://dotonbori-yakisoba.konamon.com/) で公開されています。

しかも、「道頓堀やきそば」は、どのお店でも同じ内容の焼そばが提供されているかというと、実はまったく違います。

「これまでにない超極太麺!」「だしが決め手の鉄板技」「クセになるスパイスのこってりソース」――この3つの要素に、お店ごとのアレンジが加わることで、「道頓堀やきそば」が完成するのがコンセプト。そのため、お店ごとに「道頓堀やきそば」の食べ歩きをしたり、食べ比べたりすることもできます。“いくら食べても飽きない”のも、「道頓堀やきそば」の魅力の1つです。

p5

大阪・道頓堀にある老舗お好み焼き店「お好み焼き 美津の」が提供する「道頓堀やきそば」。特製ミンチとプルプル卵が特徴


大阪・ミナミの道頓堀で「道頓堀やきそば」を提供するお店の1つ、1945年(昭和20年)創業の老舗店「お好み焼き 美津の(みづの)」に行ってきました。美津のの「道頓堀焼そば」(945円)は、特製ミンチとプルプル卵が特徴。鉄板で極太麺と野菜、そして特製ミンチをじっくり炒め、半熟の卵とネギなどを焼そばの上に載せて完成です。

“行列ができるお店”として、国内外の観光客らに人気の高い美津のが作る「道頓堀やきそば」は、麺とだし、ソースの旨み、そして素材のおいしさがひと口でわかるほど。さすが老舗らしくその味わいは絶品。ぜひ美津のの人気メニュー「山芋焼」「美津の焼」などとともに味わってほしいメニューです。