北海道でしか味わえない大自然の風景が楽しめる

紫竹ガーデン

紫竹ガーデン

四季を通じて、その季節の花々が出迎えてくれるのが帯広市、美栄町にある「紫竹ガーデン」です。15000坪の敷地には、個性の異なる22種類のガーデンで構成され、ヨーロッパの田舎町に、迷いこんだような気分で散策が楽しめます。

敷地内にあるのは、数百種類ものクレマチスを集めた「クレマチスの小径」。季節ごとに色とりどりの異なる花が咲き誇る「花の径」。150m続く「宿根ボーダーガーデン」他、バレット花壇や、ハーブガーデン、白い花だけを集めたホワイトガーデンなど、異なる表情のガーデンがあります。

また紫竹ガーデンから見える、広大な十勝平野や日高山脈など、北海道でしか味わえない大自然の風景も感動的。

ここは、紫竹昭葉さんが、「子供の時のような野の花がさいている野原のような光景を再現したい」とこの土地を購入し、大自然の中の花園を再現したもの。開園から25年、日本だけではなく他の国からのお客様も多いそうです。

また紫竹ガーデン内のレストランでは、この庭園で育てられた野菜や、十勝の恵みを使った手料理が味わえます。おすすめは、野菜をたっぷり使ったお花見弁当や、北海道名物のスープカレーや豚丼など。

テーブルには、ガーデンに咲いている季節の花が生けられていて、とても贅沢な気分に浸れます。大自然と、花や植物に囲まれて心身共にリラックスしたひと時が過ごせる、そんな素敵なガーデンです。

■ 紫竹ガーデン(しちくガーデン)
・住所:北海道帯広市美栄町西4線107
・TEL:0155-60-2377
・営業時間:【4月下旬~10月下旬】8:00~17:00(閉園18:00)
※レストランは通年営業 要予約
・入園料:大人500円、子供200円
・アクセス:JR根室線帯広駅からタクシーで40分
・URL:http://www4.ocn.ne.jp/~shichiku/index.html
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。