観覧車と錯覚するほどの水車が目玉 「川の博物館」

 

 

「川の博物館」は荒川をモデルに作られた体験型の博物館です。おすすめは水を使ったアトラクションが楽しめる荒川わくわくランド。また観覧車?と錯覚するほど大きな水車は一見の価値ありです!

「荒川」とは埼玉県と東京都を流れる一級河川。どことなく懐かしさもある長~い土手は3年B組金八先生などのTVでもお馴染みです。「川の博物館」はそんな荒川の歴史・民俗・自然を遊びながら学べる博物館。博物館と聞くと専門的で難しいイメージがありますが、広大な敷地に芝生広場に噴水広場、水車小屋まであり、1日楽しめるテーマパークといった雰囲気です。

とくに荒川わくわくランドは水圧を利用した巨大水鉄砲などのウォーターアトラクションが満喫できる水遊び天国! 小さなお子さんだけでなく、パパやママもエキサイトすること間違いなしなので、着替えは必須です。

また館内では、映像に連動して座席が動くスリリングな3Dシアターや自由に触れることのできる大型模型などが展示。大人も子供も「体感」しながら川の世界を知ることができます。さらに!2004年までは日本一だった直径23メートルの「大水車」はこれが水車?と思うくらいビッグ!! 他ではなかなか見ることができないので、旅の思い出になること間違いなしです。

■埼玉県立川の博物館
住所:埼玉県大里郡寄居町小園39
電話:048-581-7333
営業時間:9:00~17:00(季節、曜日により異なる)※わくわくランドは冬季閉園
休館日:毎週月曜日・年末年始・メンテナンスによる臨時休館日あり
入館料:一般400円、学生200円、中学生以下無料  
(いずれもわくわくランド・アドベンチャーシアターは別途有料)
アクセス:秩父鉄道・東武鉄道・JR「寄居駅」からタクシーで7分
車の移動は関越道「花園インター」から約8分
URL:http://www.river-museum.jp/
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。