暮らしに連動するカーテン

光と調和するカーテン

光と調和するカーテン


毎朝目覚めた後、日差しを室内に招くために開く、カーテン。
カーテンは、一日のはじまり、最初に手に触れるアイテム、といっても過言ではありません。
日々のスタートを気分よく迎えるため、窓廻りの装飾品としてのカーテン、すこしこだわってみませんか?

手に入れやすい国産メーカーのカーテン

カーテンを購入する機会の多い新築時やリフォーム時、一般的には設計事務所や工務店、リフォームショップなどに置いてあるサンゲツ川島織物セルコン東リリリカラスミノエなど国産メーカーのサンプルブックから選択することが多いようです。

これらのメーカーでは、上質なコレクション、お子様向けのもの、カジュアルな布地、などのラインナップが3~4種類そろえられています。

最近では、かつてのような、百貨店や街のカーテン屋さんを個人が直接訪ねアドバイザーに相談しながら選ぶスタイルのみならず、大型家具店で家具に合わせたオーダーカーテンをセレクトしたり、サイズや形状を自身が把握しインターネットで注文する、といった購入スタイルの変化が見られるようになりました。

ライフスタイルと連動するカーテン

フィスバundefinedALERIA UNITO

フィスバ ALERIA UNITO

日常生活のお話に戻ると、お出かけしていて暗くなってからの帰宅時、照明をつけることで室内が丸見えになるのを防ぐ、そのために最初に閉めるのもカーテンです。

カーテンはご自身のライフスタイルと連動している、と言っても過言ではありません。

リネン好きの一人暮らしの女性なら、出勤前、そして帰宅時に毎日触れるものが、上質なものであるほど、日々の暮らしが豊かになること間違いなし。豊かな暮らしを演出するならば、まず窓周りに上質なものをおすすめします。

空間づくりにこだわった質の良いカーテンを手に入れたい場合は、グローバルな商品をセレクトすることが可能なメーカーを訪ねて、そのラインナップを確かめてみることをお勧め致します。

国内カーテン輸入会社などのショールームでもNIA NORDISKAクリエーションバウマンフィスバ、 ジムトンプソンなどの世界のコレクションを紹介しており、予想以上の様々なスタイルを取り揃えていますので、一見の価値があります。

服飾に用いるような立体的な布も増えていますので、ショールームを訪ね、様々な素材を実際に見ることで、カーテン選びの幅が広がること間違いなしです。

次ページでは、カーテンに関するこだわりについて記述します。