自分だけの個性的なインテリアを望む人が多くなっています。しかし最近のインテリアショップは軽薄短小のものばかりが目立ちます。より軽いデザイン・より薄っぺらなもの・より手短かなもの・より安価なものが多くなっています。軽くて・カラフル・簡単に選択できる若者や女性の購買層にゆだねた商品、または白いインテリアにあこがれを持ち続ける婦女たちのためのインテリア商品が多くなっています。さて、渋い男のインテリアどうする!


恵比寿ASPLUND(アスプルンド)の「HALO」のショップ

「HALO」のショップ

恵比寿ASPLUND(アスプルンド)の「HALO」のショップ

ヴィンテージ風の仕上げをした分厚いレザーのソファー、鋲うちの金属のトランクや収納家具、木製の手彫りテーブル、ハラコのシューズロング、男のロマンがいっぱいのおもちゃ箱のようなインテリアグッズたち。重厚で古くさい本物!渋い男たちのためにつくられたようなインテリアがあります。

※ハラコとは牛の生れて直後の毛皮のこと



ヨーロッパでも大人気!

メゾン・エ・オブジェの「HALO」のブースから

2012年1月メゾン・エ・オブジェの「HALO」のブースから

渋い男たちのためにつくられたような時代を超越する最先端の家具ブランド、それが伝統とモダンを見事にマッチさせた「HALO」の家具です。「HALO」は、フィリップ・オールトン少佐によってアンティーク家具とそれを作り出す職人の技を残すために1976 年に設立された英国のブランドです。ヨーロッパ家具の伝統を継承しながら、モダンな暮らしにも合うデザインを提案しています。


メゾン・エ・オブジェの「HALO」のブース

メゾン・エ・オブジェの「HALO」のブース

今では、モダンとイギリスに根付く反体制的なアバンギャルドな精神が、伝統の家具独特の優雅さと結びつき、“HALO アンティーク”と呼ばれて大人気になっています。写真は、パリで開催された2012年春のメゾン・エ・オブジェの「HALO」ブースです。会場は世界中からバイヤーが集まり、身動きが取れないほど混み合います。


「HALO」in Japan


アスプルンドの「HALO」の入り口

アスプルンドの「HALO」の入り口

アスプルンドの「HALO」鋲打ちのトランクundefined

アスプルンドの「HALO」鋲打ちのトランク 

アスプルンドの「HALO」はらこのトランク

アスプルンドの「HALO」ハラコのトランク

この「HALO」の家具は、恵比寿のアスプルンドの「HALO」で見ることができます。
いかがですか!すべてオールハンドメイド、アンティークがかもしだすユーズド感がたっぷりの家具たち。素材や仕上げにこだわり、忠実に再現されたヴィンテージ、伝統的な職人の技が光ります、レザーソファ、鋲うちトランク、ハラコのトランクやハラコのシューズロングたちは、アンティークの世界を超越した個性的で素晴らしい世界感を生み出しています。

ここ「HALO」のアイテムは、どれをとっても、個性的でカッコ良い。どんな空間にでも、一つ加えるだけですっかりオリジナルな空間が生まれ変わりそうです。少しお高いけど、ホンモノだから経年すればするほど愛着がわいてきます。やはり渋い男には、その審美眼をいかして大人のインテリアを楽しんでみてほしいと思います。


<DATA>
ASPLUND(アスプルンド)「HALO」
東京都渋谷区恵比寿南3-5-7 恵比寿アイマークゲート2F
TEL:03-5725-8651
HALOasia



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。