最近のソニー、パナソニックなどのレコーダーの新機種ではレコーダー内の録画をタブレットやスマートフォンに転送したり、ストリーム視聴したりできる機能が搭載されている。しかし、従来、これらの機能は、自社のAndroidタブレットでしか利用できないものがほとんどで、その機能を利用できるユーザーが限られていた。そんななか、この冬に登場したソニーの新機種の上位機種では同社のアプリ「RECOPLA」+「TwonkyBeam」を使ってiPad(iPhoneはTwonkyBeamのみ)でレコーダー録画を楽しめるようになったので、今回はこの機能を紹介したい。

対応機種は?

今回の機能は残念ながら比較的新しい機種にしか対応しない。2013年冬の新機種のなかでもとりあえずはトリプルチューナー搭載の上位機種だけが対応し、ダブルチューナー以下の機種は2013年春にアップデート予定になっている。以前の機種でもBDZ-AX2700T /AT970T /AT950W /SKP75/ AT770Tなどに対応している。

ちなみにiOSプラットフォームはiPadはiPad2以降、iPhoneは4S以降、OSバージョンは5.1以上に対応する。

et2000

2012年冬の新機種「BDZ-ET2000」。

次ページでは利用する環境について紹介します