映画監督になる前に、まず必要なこと

アメリカのハリウッドでは、タクシー運転手でも、カフェのウエイトレスでも、
だれでも一本は映画化したい話を脚本にして持っているといわれています。
大学などで自主映画を撮っていても、プロになるためには、
できた映画よりもまず、「脚本」で選別されます。

ですので、まずはいいテーマをもっていること。
そして、それを脚本化する力があることが、
必須条件になります。
脚本というのは、小説などと違い、映像化された後のイメージがないと書けません。
また、その脚本が、映画にしたら何分になるのか、キャストは何名必要か、音楽はどこで入るのかといったことがわかっていないと書けないでしょう。



【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。