人気店「カフェ・カイラ」がパンケーキ激戦区・表参道へ移転リニューアルオープン!

ハワイの美しい海と空を連想させる「カフェ・カイラ」の店舗ロゴマーク

ハワイの美しい海と空を連想させる「カフェ・カイラ」の店舗ロゴマーク


「カフェ・カイラ」は、2007年にハワイ・ホノルルにオープン。地元・ハワイの食材と、オーガニックの物をたっぷりと採り入れたメニューを目当てに、早朝から行列のできる地元で大人気のお店です。

もともと、ハワイ在住であるオーナーのカイラさんの料理好きが高じて、新鮮で体に優しい食材を使用することにこだわった、愛情あふれるメニューが生まれてきました。カイラさんは、元々は小学校の教師だったそう。子ども達とふれあうことはもちろん、家族を愛すること、友人を愛することを忘れないというのがモットーで、そんなやさしさが「カフェ・カイラ」のメニューに表現されているのです。

そして、「ハレアイナ賞 オアフ島グルメコンテスト」の「ベストブレックファースト賞」を、2011年、2012年と2年連続で受賞。「ハレアイナ」とはハワイ語で「食べる場所」、すなわちレストランの意味。1984年にスタートしたハワイの雑誌「ホノルル・マガジン」が主催のグルメ賞です。大多数が地元ハワイ住民である読者の投票によって各賞の受賞者が決まる、つまり、地域住民の絶大な支持を受けたことを示す、誇らしき賞と言えるのです。

「カフェ・カイラ」の「カイラ・オリジナル パンケーキ」トッピング全部のせ(2000円)

「カフェ・カイラ」の「カイラ・オリジナル パンケーキ」トッピング全部のせ(2000円)


人気No.1は、何と言っても、苺、バナナ、ブルーベリー、リンゴのカラメリゼをたっぷりトッピングした「カイラ・オリジナル パンケーキ」。トッピングのフルーツは選べますが、ほとんどのお客様が、“トッピング全部のせ”を注文されるそうです。

三枚のパンケーキが見えなくなるほど、盛り沢山のフルーツに、上からふわっと粉砂糖をかけて、メープルシロップと生クリームが添えられます。

生地の配合については秘密だそうですが、オリジナル配合の粉を使い、出来あがった生地は一晩寝かせることで、一番いい状態にもっていきます。そして、フライパンではなく鉄板の上で、オイルやバターを使わずに焼くのも大きなポイント。そのため、「カフェ・カイラ」のパンケーキは、一見ボリュームたっぷり!と思っても、実は意外なほどヘルシーなんです。

朝食には、エネルギー源となる炭水化物もきちんと摂りつつ、たんぱく質やビタミン・ミネラルも摂取できるのが理想的です。こんなフルーツたっぷりパンケーキで一日をスタートできたら、心身ともにエンジンがかかりそうですね!

それでは次のページで、「カフェ・カイラ」表参道店になって、今までと何が変わるのか、さらに、新登場する注目メニューをご紹介します!