「カフェ・カイラ」表参道店、何が変わる?!

「カフェ・カイラ」表参道店オープンによる最大の変化は、店舗の規模が大きくなることです。吾妻橋店の時は、座席は11卓22席で、一日に約200~300名分の整理券を配布していたそうですが、この整理券を手に入れるために早朝から並ぶお客様が多数いらして、開店前にその日の分が無くなってしまうということも珍しくなかったそう。これが、3~4倍程の席数になる訳です。

営業時間も、以前は夜18時まででしたが、20時までに延長するので、仕事帰りに寄りたいという方も、頑張れば間に合うかもしれません。

とはいえ、表参道というアクセス至便なエリアに移転すれば、来客数自体も増えることは、当然予想されます。ただ、もし行列になったとしても、今度の店舗は、表参道のお洒落なファッションビル「GYRE(ジャイル)」の地下1階。雨が降っても、寒い冬空の下や炎天下でも、建物の中であれば、並んでもかなり楽になりますね。

「カフェ・カイラ」表参道店オープン時に登場する「カイラ・オリジナルワッフル」トッピング全部のせ(1900円)

「カフェ・カイラ」表参道店オープン時に登場する「カイラ・オリジナルワッフル」トッピング全部のせ(1900円)


そして、表参道店オープンにあたってリニューアルして登場する注目のメニューが、「カイラ・オリジナルワッフル」。実はこのメニュー、吾妻橋の店舗が最初にオープンした当初、しばらく提供していたのですが、なかなか、ハワイと同じような、サックリしたワッフルに焼き上げることが難しく、試行錯誤の末、いったん休止していたメニューなのです。

それが、表参道店では、ハワイ本店と同じ焼き上がりのワッフルが出せるようになり、ついに念願の復活登場! パンケーキは、独特のしっとりとした食感が特徴的ですが、ワッフルは全体により軽く、表面がサクッとして、中はもちっとした食感の対比が楽しめます。

選べるフルーツトッピングの種類は、パンケーキと同じ。こちらも“全部のせ”を選ぶお客様が多そうですね。

一体なぜ、ハワイと同じワッフルを日本でも提供できるようになったのでしょうか?次のページで、その秘密をご紹介します。