記録面を外側にして徐々に荷重をかけていく。このとき、いつ割れるかのドキドキ感が時間を追って増す


廃棄方法の手順

  1. 記録面を外側にして写真のように徐々に荷重をかけていきます。このとき、いつ割れるかのドキドキ感が時間を追って増します。
  2. そうするとあるところで突然「パキン!」と崩壊します。まさに突然、予兆もなく崩壊します。
  3. すると、あまり力が強くなくても見事に真っ二つ+αに砕けます。

記録面のキラキラが飛び散るのと、いつ割れるかな~の緊張感から開放されたのとで、すっきりします。道具も不要でしかも短時間、記録の崩壊とすっきり感を堪能できます。一度味わうとやみつきになります。

ただし、細かいキラキラが飛び散るので、あくまで掃除しやすい場所でおすすめします。




【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。