Exif情報を編集するための定番ソフトの一つ「F6 Exif」をご紹介します。対応OSはWindows 2000、XP、Vista、7(64bit機もOK)です。

このソフトを使うとExifの閲覧・編集・コピー・削除、撮影日時一括更新、画像の一括縮小、ファイルリネームなどが可能です。

ダウンロードするには

ダウンロード先URL:http://www.vector.co.jp/soft/dl/winnt/art/se427764.html

ダウンロード後、zipファイルを解凍し、中のF6exif.exeをダブルクリックですぐに使えます。インストール不要タイプです。

Exif情報の閲覧法と編集法

(スクリーンショット1)

(スクリーンショット1)

F6exif.exe(またはそのショートカット)をダブルクリックで起動し、ファイルから「開く」をクリックします。Exif情報を見たい画像を選択し「開く」をクリックします。

新しいウインドウが開くのでツール → Exif一覧表示/編集(E)をクリックで見ることができます。(スクリーンショット1)

(スクリーンショット2)

(スクリーンショット2)

編集したい場合は項目をダブルクリックすれば編集画面が表れますので、書式に従って入力し、更新ボタンをクリックします。一例として「デジタルデータの生成日時」の編集画面です。(スクリーンショット2)

Exifの削除方法

(スクリーンショット3)

(スクリーンショット3)

ソフトを起動後Exif情報を削除したい画像を上と同じ様に開きます。編集 → EXIF削除をクリックします。小さなダイアログが表れます。(スクリーンショット3)

EXIF領域のみを削除に丸印が付いていることを確認し「OK」をクリックします。名前を付けて保存の画面が表れますのでファイル名と保存先を指定し、「保存」ボタンを押せば終了です。念のためこのファイルを開いてみるとExif情報がないと表示され、消えたことが確認できます。

便利な使い方

デジカメの日付や時間がずれている時などに修正が一括で簡単に行え、処理時間が速い点、Exif情報を保ったままで画像の一括縮小機能がある点などが重宝します。

詳細

ソフトに同梱されているヘルプファイルまたは作者のHPに非常に詳しい説明がありますのでそちらもご覧ください。
作者のHP:http://www.ryouto.jp/f6exif/index.html

最後に

Exif情報を残したままネットに画像をアップするのは、セキュリティ上、好ましくありません。アップ前に削除済みかどうか確認する習慣をつけましょう。




■All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/7/1~2021/7/31まで

・【誰でも回答可】「毎月の家計についてのアンケート」に回答する
抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。