結婚式・披露宴に新郎新婦の個性を活かせる時代です。とはいえ「好きな会場を選べばいい」とばかりは言えず、場所や予算、ゲストの人数、宗教上の理由などさまざまなことを考えて、選ばなければなりません。

結婚式会場の費用目安

■ホテル
ホテルでの結婚式は、数多くのゲストを招いての披露宴から少人数制、レストランウエディングなど、さまざまなスタイルを選ぶことができます。費用は70名のゲストを招いた場合300万円~400万円程度がかかります。結婚式のゲストがホテルに宿泊する場合、割引料金が適用されることもあります。

■ゲストハウス
邸宅などを借り切って式を挙げるハウスウエディングは、アットホームな雰囲気で披露宴を行うことができます。費用は高額になることが多く、400万円以上の予算を組む新郎新婦が多いです。

■レストラン
できたての美味しい料理をゲストに振る舞うことができるレストランウエディングは、最近とても人気が高いです。披露宴の後、続けて二次会を開くことができるレストランもあります。ゲスト70名をお招きした場合、予算は260万円前後。レストランは収容人数が限られるので、小規模な式・披露宴に向いています。

■専門式場
専門式場での挙式には300万円前後の費用がかかります。挙式費用に加えて、遠方からお見えになるゲストのために、宿泊先や交通機関の費用も考えなければなりません。

■チャペル・教会での挙式
ホテルや専門式場などに設けられているチャペルで挙式をする方法や、キリスト教徒の方が信仰に基づいて街の教会で挙式をする方法があります。後者の場合、披露宴を行いたいときは別に会場を確保する必要があり、そのための費用がかかります。

■神社仏閣での挙式
「日本人らしい結婚式を」と希望する新郎新婦にはぴったりなのが神社・仏閣での挙式。結婚式を神前・仏前で行い、披露宴は別に披露宴会場を利用することになります。境内の施設で披露宴を行うスタイルや、専門式場やホテル、料亭など別の会場へ移動する方法があり、費用も大きく異なります。

■料亭
40名のゲストをお招きする場合で110万円~150万円程度の費用がかかります。スペースが限られますので、小規模な式に向いていると言えます。人前式や、近隣の神社での結婚式を含めた「結婚式プラン」を打ち出している料亭もあります。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。