銀行やコンビニATMなど身近な場所で入手

結婚式で使う、お礼や心付け用の新札を用意する行動パターンとしては、以下の3つが挙げられます。

■身内に確認
両親や兄弟、友達に、新札を持っていないか聞いてみます。

■コンビニATMで出金
24時間取引可能(年末年始、ATM停止日など以外)。新札を指定することはできませんが、預金を引き出すと新札が出てくる確立が高いです。出てこなかったらいったん入金して再度出金します(1日の取引可能金額に注意)。

■銀行で両替
一番確実な方法。両替用紙に記入して依頼すると、古いお札を新札(新券)に換えてくれます。ただし、枚数によっては手数料がかかる場合も(20枚までなら無料、等)。最寄りの金融機関で確認してください。新札専用の自動両替機が置いてあるところもあります。

普段から新券を発行できる場所を把握しておくとよいでしょう。郵便局より銀行のほうが、営業時間帯は案内係がいるので聞けばすぐに教えてもらえます。また、銀行は日程や時間帯(朝、お昼)により混んでいるため、スムーズに利用できる時間帯を選びましょう。

ちなみに、窓口で150万円引き出すと、100万円(帯付きの新札)+50万円(新札でない)という形で出てきます。お札は100枚単位で管理されているためです。逆に、新札を指定すると両替になるので、無料枚数を超えると手数料がかかります。

銀行が閉まっている時の入手方法は?

上記に加えて、結婚式場に確認するという手もあります。新札を用意しているかどうか、電話で確認してみてもよいでしょう。忙しい世の中ですので、できるだけ普段から新札をタンス預金しておくことをオススメします。

【抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント】All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/9/1~2021/9/30まで

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。