結婚祝いが届いた時点で内祝いの準備をスタート

内祝いは「結婚披露宴に招待できなかった方で、お祝いをくださった方」「ご招待したけれど、出席できず、お祝いをくださった方」に贈るものです。

■相場は?

いただいたお祝いの半額程度の品物をお返しする「半返し」が一般的です。「親戚から、特に高額のお祝いを頂いた」などの場合には、3分の1返しを目安にします。ただし、親戚間のルールがあるなら、それに従いましょう。職場の同僚や友人から連名でお祝いを頂いたなら、一人あたりの金額を計算して半返しをするとよいでしょう。

■内祝いの準備は?
披露宴に出席しない方から結婚祝いをいただくのは、挙式1カ月前からになります。結婚祝いが届いた時点で、お礼の電話をするとともに、品物の値段を調べておきましょう。実際に内祝いをお贈りする直前になってから、品物の値段を調べようとすると、お返しするのがかなり遅れてしまいます。

結婚祝いをくださった人の住所、名前、品物の価格などをもとに、「内祝いを贈る人」のリストを作成しておくのがおすすめです。

■どんなものを贈ればいい?
相手の好みに合わせた品物を選ぶのが一番です。親戚や親の知人の好みについては、親に相談するといいでしょう。相手の好みがわからないなら、実用性の高いタオル、食品などを選ぶのも一つの方法ですし、カタログギフトにするケースも最近は増えています。

もしも、金額的に釣り合いが取れるなら、引き出物と同じものをお贈りしても構いません。

■内祝いを贈るのはいつ?

できれば、挙式後2週間以内、どんなに遅くても1カ月以内には、内祝いをお届けするようにします。内祝いは、直接ご自宅までお届けしてお礼を申し上げるのが本来の形ですが、最近は品物をお送りするケースも増えています。品物をお送りするなら、メッセージカードを添えるか、お礼状を別途郵送するようにします。

挙式後は何かと慌ただしいので、内祝いの品をゆっくりと選ぶことができません。結婚祝いが届いた時点で、金額や相手の好みを考え、品物選びを始めておきましょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。