ホテルで挙式するなら宿泊費もおトクに

結婚式を行うにあたって、遠方から出席してもらう人には気を使いますよね。とくに決まりはありませんが、すでに相手方の結婚式に参加した人は、自分がしてもらったようにするとよいでしょう。

■交通費や宿泊費の負担方法
結婚式にかかる交通費や宿泊費を負担するかどうかというのは、ケースバイケースではありますが、以下のように分けられます。

・全額支払う場合
かかった交通費や宿泊費をスマートに渡せるように封筒に入れて用意しておきます。

・宿泊代だけ出す場合
予約を入れておき、自分たちで支払いを済ませておきます。

・チケットを送る場合
希望の便を聞いておき、チケットを購入して送ります。できるだけ予約変更の利くチケットを購入しましょう。

※親戚などを遠方から呼ぶ場合には、新郎新婦の親御さんが負担するケースも多いようです。

■交通費や宿泊費の総額を見積もる方法
旅行会社などにまとめて用意してもらえば、おおよその交通費や宿泊費を調べることができます。合わせて予約もできるので便利だと思いますよ。

最近は飛行機や新幹線のチケットと宿泊がセットになったプランなどもあり、割安で利用することもできるようです。

■交通費や宿泊費の負担を軽くする方法
・交通費を安く済ませるには
よほどの遠方となると飛行機か新幹線を利用することになると思いますが、時間や便の変更ができないチケットは割安で購入できます。また、格安チケット売り場などで購入するとさらに安いチケットを手に入れることができます。

さらにホテルなどで挙式する場合には、送迎バスを出してもらえるかなども確認しておきましょう。

・宿泊費を安く済ませるには
自分たちが挙式するホテルにそのまま宿泊する場合には、通常価格よりも安く宿泊できる場合もあります。自分たちの宿泊するホテルであれば、2次会や3次会にも便利ですし、支払いもまとめてできるのでおすすめです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。