2012年はビデオレコーダーにとっていくつかの逆風と進化の年だった。多くのテレビが外付けUSBハードディスクによる録画機能を搭載したり、録画機能自体を搭載してしまったテレビが多数登場するようになったため、単純に録画のためだけにレコーダーを購入したいユーザーは減少してしまった。そのためかレコーダー全体の価格が下がり、より買いやすくなったのはユーザーにとってはありがたいことではある。そんな状況によりレコーダーは単純にスペックを競うだけではなく、より独自性のある進化の道を探さなければならなくなった。その1つのあらわれが、タブレットやスマートフォンなどへの録画の転送、また、ネット接続でテレビやスマートデバイスでの視聴だろう。また、また、ボディの小型化やスタイリッシュさを目指す流れ、使いやすさに注力する流れも生まれてきた。そんな状況のなか、今回は、今年の冬ボーナスで買うなら、これだというレコーダーを5つご紹介します。


第1位 ソニー「BDZ-ET2000」

あのローラのTVCMでもアピールしていたが自動録画予約が強力なレコーダー。好きな芸能人の名前やジャンルを指定しておけば、自動的にバリバリ録画してくれる。さらに3番組同時録画可能なトリプルチューナーと2TBハードディスクの組み合わせで大量に録画することが可能なため、自動録画を存分に使うことができる。さらに録画は対応するXperiaスマートフォンやタブレットに転送し、外出先で見ることもできる。Xperia Tablet Sではワイヤレス転送も可能。また、家のなかなど同じネットワークに接続していれば転送しなくても録画をタブレットやスマホで視聴できる。また、ネットワーク録画予約も可能で、外出先からスマホで録画予約するような離れ業も可能。さらに新機能の「目次でジャンプ」機能を使えば、録画の目的の位置に一気にジャンプして再生できる。また、ダイジェスト再生など効率的に視聴できる機能も充実しているのがいい。起動も速い。

BDZ

BDZ-ET2000


 



第2位 パナソニック「DMR-BZT730」

2TBのハードディスクとトリプルチューナー搭載によって、大量に録画ができるレコーダー。CPUが高速化され、従来のDIGAから大幅に高速化し、動作がスムーズになっているのがいい。長時間録画機能はなんと15倍に対応し、長時間録画時の画質もすぐれている。従来のDIGAでも「お部屋ジャンプリンク」で他の部屋の対応ビエラで視聴できたが、この機種では同時に2つのビエラで視聴できるようになった。ビエラ・コネクトで多彩なアプリを使えるのもいい。また、国内テレビ局の提供するオンデマンドビデオサービス「もっとTV」に対応し、現在、放送中のドラマでも放映後、わりとすぐに視聴できるのがいい。外付けUSBハードディスクへの録画ではUSB3.0のドライブなら3番組同時録画が可能なのも便利。番組持ち出し機能で対応するスマホに録画を転送することもできる。

DMR-BZT730_slant

DMR-BZT730


 



第3位 東芝レグザブルーレイ「DBR-Z250」

1TBのハードディスクでデジタルダブルチューナー搭載、長時間録画は10倍対応というミドルからローエンドなスペックだが、430(W)x47(H)x204(D)mm(突起部含む)というコンパクトさで置き場所を選ばない。ボディのスリム化の影響か、ブルーレイドライブがスロットインになっているのもスマート。「レグザリンク・シェア」対応によって、対応するスマートデバイスでライブに番組を見たり、録画を転送したり、対応機器では別室で録画を視聴できる。価格が4万円前後とコスパも高く、とりあえずレコーダーが欲しい人に向いている。


DBR_Z250

DBR-Z250

 



第4位 東芝「DBR-M190」レグザサーバー

5TBという大容量ハードディスクと2チャンネルの地デジ・BS・CSチューナープラス「タイムシフト」機能用の6チャンネルの地デジチューナーを搭載したヘビー級レコーダー。タイムシフト機能では最長15日間の6チャンネルの映像を一時保存できるという準全部録画レコーダーだ。レグザにも搭載される映像処理エンジンCEVOによってブルーレイやDVDの再生クオリティも高く、プレイヤーとしてのポテンシャルも高い。「レグザリンク・シェア」対応で、対応するスマートデバイスでライブに番組を見たり、録画を転送したり、対応機器では別室で録画を視聴できる。


DBR_M190

DBR-M190



 



第5位 シャープ 「BD-HW51」

やや独自色の強いレコーダー。ボディに昔のビデオレコーダーのような操作ボタンが表示され、
簡単に操作できる。また、リモコンからの操作でも「音声ガイド付きかんたんメニュー」によって、簡単に操作できるなど、簡単な操作に力を入れた製品。基本性能としては、500GBハードディスク搭載でデジタルダブルチューナーで2番組同時録画が可能で12倍の長時間録画にも対応するなど、一般用途で十分な基本スペックを持つ。さらに「ちょっと戻っテレビ」機能により最大90分まで、録画していない番組でもさかのぼって見ることができるのが便利。価格は3万円台とコスパが高く実用的なレコーダーが欲しい人に向く製品。

BD-HW51

BD-HW51




 




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。