私、アクセサリー持ちすぎ!?

鹿嶋田さん

鹿島田由理子さん。「アクセサリーが映えるシンプルな服が好き」

化粧台の引出しの中に、ジュエリーボックスに、たくさんのアクセサリーがあふれてる…。 捨てられないけど、片付かない…。そんな方のために、上手な収納の方法と、アクセサリーの活用法を、ビーズ作家さんにお聞きしてきました。







みんな大好き! ビーズアクセサリー

お話を伺ったのは、男の子(11歳)のママでもある鹿島田由理子さん。オフィスワークの傍ら、カルチャースクールで講師をしたり、オーダー作品を製作したりしています。お子さんが小さい頃、ママ友に誘われてビーズ作品を作ったことがきっかけで、以来ピアスやネックレスを中心に作品を作り続けているそうです。

ビーズ作家のアクセサリー収納法

ボックス

アクリルのジュエリーボックスとピアス用ディスプレイボード。小さなスペースで大量のアイテムを収納できる

アクセサリーって、小さいから紛失しやすいし、チェーンのものは絡まったり、収納がむずかしそう。沢山の作品を、どうやって収納しているのでしょうか。
「メインの収納はこれなんです。これはネックレスが中心ですね」
見せていただいたのは、アクリル製の透明なジュエリーボックス。確かにかなりの数ですが、思ったよりもコンパクトに収まっています。
「引出しが小さくて平たいので、意外にたくさん収納できて、しかも絡まらないんですよ」
やはり、専用のツールは優秀です。

ピアスには専用ボードを

「ピアスの収納は、こっちが使いやすいですよ」
というのは、ジュエリーボックスの右にあるピアス用“ディスプレイボード”。パーツ専門店で手に入りますが、通販でも購入できます。ピアスはペアで収納しておかないと意味がないし、一覧できるようにしておかないと不便ですから、沢山持っている人に便利ですね。

洗面所でアクセサリー収納

ネックレス収納

洗面キャビネット棚に、配線フックを利用したネックレス収納を

季節で入れ替わるアクセサリーたち、現在もっとも出番の多いものについては、毎日ヘアメイクのチェックをする洗面所に収納しています。忙しい朝、サッと選べるのがメリット。フック式のピアスは、ひっかけ収納で。ネックレスの収納に使っているのは、なんと配線用のパーツ! 沢山のアクセサリーを、紛失しないよう、絡まないように収納しているのはさすがです。