ニューヨークのブラウニーベスト5

クッキーに並び、ブラウニーはアメリカ人が大好きなおやつ

クッキーに並び、ブラウニーはアメリカ人が大好きなおやつ

アメリカ人にとっての定番おやつ、ブラウニー。カフェやチョコレートショップなど至るところで見つけることができますが、日本人にはちょっと甘過ぎることも。そこで、ほどよい甘さとお店のオシャレ度で独自にベストブラウニーのお店5軒を選出。ふんわりブラウニーと、どっしりブラウニーどっちにする?

種類も豊富などっしり系ブラウニー: ファットウィッチ・ベーカリー

かわいい魔女のブラウニー!

かわいい魔女のブラウニー!

最も知名度の高い1軒がここ。チェルシーマーケットのなかにあるショップは、常に観光客でいっぱいです。お目当てのブラウニー(2.95ドル~)は、重めのねっちりとした生地が印象的。ホワイトチョコレート、モカ、ピーナツバターなど、フレーバーの種類も豊富で、サイズも大小あるのが嬉しい!

<DATA>
Fat Witch Bakery
住所: 75 9th Avenue
TEL: 212-807-1335
アクセス: 14th Street駅から徒歩5分
営業時間: 10:00~21:00(月~金)、10:00~20:00(土)、10:00~19:00(日)

 

しっとりケーキタイプのブラウニー: チョコレートルーム

チョコレート専門店のおいしさ

チョコレート専門店のおいしさ

数々のアワードを受賞しているブルックリンのパークスロープにあるチョコレートデザート専門店。言わずもがな、ブラウニー(3ドル)は絶品。しっとりとした生地はチョコレートそのもののようなリッチな味わい。ファットウィッチ・ベーカリーのものより、軽めの仕上がりです。

<DATA>
Chocolate Room
住所: 86 Fifth Avenue, Brooklyn
TEL: 718-783-2900
アクセス: Bergen Street駅から徒歩5分
営業時間: 12:00~23:00(金、土~24:00)

 

超穴場で見つける濃厚ブラウニー: テーブルスプーン

商品名は、“今まで一番のブラウニー”

商品名は、“今まで一番のブラウニー”

ケータリング会社「スプーン」が出したカフェが、その名もテーブルスプーン。ここのブラウニーは、“ベスト・エバー・チョコレートブラウニー”(2.50ドル)という商品名で売られているだけあって、チョコレートの風味、甘さ、しっとり具合が抜きん出ています。静かなストリートにあるので、穴場的スポット。

<DATA>
tablespoon
住所: 17 West 20th street
TEL: 646-230-7000
アクセス: 23th Street駅から徒歩5分
営業時間: 7:30~17:30、10:30~16:00(土・日)

 

有名ビストロによるフランス風ブラウニー: バルサザール・ベーカリー

ゴロゴロ入ったくるみの食感も楽しい

ゴロゴロ入ったくるみの食感も楽しい photo: restaurant girl

ソーホーの大人気ビストロカフェのバルサザール隣にあるベーカリー。フレンチ系のお店なのにブラウニー?と思うかもしれませんが、こちらのブラウニー(3.75ドル)はケーキのように上品な味で、ココアとクルミがたっぷり入っているのが特徴です。カカオが強いのでコーヒーとの相性はバッチリ。

<DATA>
Balthazar Bakery
住所: 80 Spring Street
TEL: 212-965-1785
アクセス: Spring Street駅から徒歩2分
営業時間: 7:30~20:00(土・日8:00~)

 

さっくり軽めのブラウニー: スリー・タルツ

お土産にも最適な缶入りタイプ

お土産に最適な缶入りタイプ

チェルシーにあるこちらのスイーツショップでは、自家製マシュマロ、マカロン、プディングなど見た目も可愛らしい商品がずらり。ブラウニー(3ドル)は期待を裏切らない美味しさで、さっくり軽めの食感。ギフトには缶入りの一口サイズがおススメです。甘い物好きならぜったいに訪れてほしいお店です。

<DATA>
Three Tarts
住所: 164 Ninth Avenue
TEL: 212-462-4392
アクセス: 18th Street駅から徒歩5分
営業時間: 10:00~20:00(日~18:00)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。