披露宴を手作りすればかなりの費用削減に

一般的には、式(教会式や神前式など)と披露宴がセットで結婚式となるのですが、ホテルでも結婚式専門の式場でも費用はかなり高額になります。

しかし、例えばチャペルだけだと比較的安価で提供しているホテルがたくさんあるので、まず式だけを申し込みます。そして披露宴ではなく披露パーティー(シットダウンブッフェ)で申し込みを行います。パーティーだと、かかる費用は料理代×参加人数だけです。料理代が一人あたり7000円、参加人数が40名なら32万円で済みます。あとはパーティーの進行にスピーチや両親への花束贈呈など結婚式で定番の演出を入れれば立派な披露宴になります。

司会は友人に頼み、花は近所の花屋で買う、衣装もレンタル衣装で借りてくる、シャンパンも酒屋で買って持ち込みにする、受付の名前を書いてもらう台帳を用意する、引き出物は袋だけホテルに用意してもらって中身はディスカウントスーパーで購入する。これでかなりの節約ができます。

なお、ホテルの場合、披露宴の後に支払いになるので、ご祝儀が3万円×40人だと120万円になり十分支払いが可能です。新婚旅行の費用まで余裕で出ますよ。

【編集部からのお知らせ】
・All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
※抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※2022/1/1~2022/1/31まで

お金のYouTubeチャンネル2周年企画を1/12から配信決定!
マネープランクリニックでおなじみの深野康彦先生への大質問会、茂木健一郎さんに聞く金持ち脳と貧乏脳の違い、林家ペー・パー子さんに聞く老後のお金など……10日間連続でお金を楽しむ動画を配信します。
予告動画を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。