育英年金が付加されているものがお勧め

育英年金が付加されている保険では、お子さんの成長に合わせてお祝い金が受け取れるのと、万一ご主人が死亡された場合、一時金で死亡保険金を受け取るのではなく毎年契約した金額をお子さんが18歳もしくは22歳になるまで受け取れるので、養育費に関しては安心していられます。

今、ご主人が加入されている定期保険の死亡保障の部分を少し減額して加入されるのも方法かも! 取り扱い会社については、国内生保であれがほとんどが扱っていると思いますので、まずは身近な人に相談した方が良いと思います。

また、貯蓄重視(お祝い金)であればソニー生命の子供保険が利率が良いと思います。あと、会社によってはお子さんの入院特約が付加できるところもありますよ。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。