共通口座を作り、1年かけて結婚費用を貯金

結婚する2人の年齢差や収入差にもよりますが、私の場合は妻が2歳若く収入差が100万近くあったこともあり、話し合いの結果、私が6割で妻が4割の負担となりました。

結婚式等の費用は共通口座を作り、1年くらい前から毎月一定額(4万円)を貯金していました。

支払いは式の前日でしたが、お金でごたごたするのを嫌ったため、私の預金で一旦まとめて払い、後で1年で貯まった100万円とご祝儀等を振り分けて清算するという形にしました。

両方の親が足りない分は貸してくれると言っていたのですが、私の貯蓄が結構あったので、借りることなく支払えました。最終的な内訳は
  • 共通:100万円
  • 私(夫):150万円
  • 妻:50万円
となり、当初話し合ったより私の支払が多少多いですが、誤差の範囲として気にしていません。

現在共通口座は将来の子どもや何かあったための貯蓄用となっています。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。