式場や内容によって費用も変わってくると思うので、一概には言えませんが、私の場合は披露宴1週間前までに費用を納める式場だったので、銀行からお金を借りて、ご祝儀を全額返済に充てました。

内訳は1年前から2人で貯めた貯金が170万円、親からの祝儀が50万円、銀行から借りたお金が130万円の計350万円程度だったと思います。

自分たちだけでやりくりが難しい場合、以下の点を確認したほうが良いと思います。
  1. 親に結婚費用を貸してもらえるか相談する(結婚直前に雑誌の特集を読んだところ、最近は親から借りるケースが多いようです)。
  2. 費用の後払い(ご祝儀を受け取ってから)が可能かを式場に確認する。
  3. 会社の福利厚生によっては、結婚のための費用を出してくれるところもあるようなので、確認してみたほうがいいと思います。

【編集部からのお知らせ】
・All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
※抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※2022/1/1~2022/1/31まで

お金のYouTubeチャンネル2周年企画を1/12から配信決定!
マネープランクリニックでおなじみの深野康彦先生への大質問会、茂木健一郎さんに聞く金持ち脳と貧乏脳の違い、林家ペー・パー子さんに聞く老後のお金など……10日間連続でお金を楽しむ動画を配信します。
予告動画を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。