買ったときの付属品を活用

undefined

 

Yシャツはしわがつかないように保管したいものです。クローゼットにハンガーでかけておくのが簡単ですが、袖のあたりとかパリッとしないですね。買ってきた物に付いている型紙を使って長袖を畳む方法を紹介します。

買ってきたYシャツを出す時に畳み方を良く見てください。そして付属品がどう使われてたか見ておきましょう。

まずはアイロンをあててボタンを袖口の部分以外全て留めます。初めは襟の後ろ側から襟全体の型をはさみ、襟の前部分に第一ボタンに引っ掛けて小さい型をはめます。

次にシャツの背中をこちらへ向けて置きます。そこに四角い型紙を襟に差し込みつつ真ん中に置きます。

袖を丁寧に折り返す

袖を丁寧に折り返す


そして型紙からはみだしてる右の部分を折り返し、あまった袖を丁寧に折り返していくのですが、ここで汚く折れるとしわも汚くついてしまいます。

袖を螺旋のように折るundefinedundefinedundefined

袖を螺旋のように折る  


私が気に入ってるのは袖を上に螺旋のように折る方法です。具体的には半そでより少し肩のほうで折り、ひじあたりで上に方向つけて折り、さらに7部袖のあたりで折ります。左も同様に行います。袖口の厚みが襟の空間にはまる所が気に入っています。

続いて型紙の下にはみ出てる部分を折り返し、少し余るシャツの裾の部分は内側に折り返します。最後にくずれやすい袖のあたりをピンを使って留めて完成です。


【編集部おすすめの購入サイト】

楽天市場で洗濯グッズを見る

Amazonで洗濯グッズを見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。