こんにちは。「看護師」ガイドの高丸です。
これから看護師に関しての情報を定期的にお伝えしていこうと思います。

看護師になるには

看護師になるには

さて今回は、看護師になるにはどうすれば良いのかをご説明します。
実は看護師になる道は1つだけではありません。また、看護師免許を取得してからもステップアップしていく看護師資格があり、一口に「看護師」といえども、複数の資格が存在しているのです。

まず、「保健師看護師助産師法」という法律上では、「看護師」と「准看護師」の2つの資格について記載がされています。これが、看護師になるには大きく2つの道があるという所以です。

看護師と准看護師の違い

・看護師
厚生大臣の免許を受けて、傷病者若しくは、褥婦に対する療養上の世話又は診療の補助をなすことを業とする者をいいます。

・准看護師
都道府県知事の免許を受けて、医師、歯科医師又は看護師の指示を受けて、傷病者若しくは、褥婦に対する療養上の世話又は診療の補助をなすことを業とする者をいいます。

両者のおもな違いは『医師の指示なしで業務を行えるか』という点です。看護師は医師の指示なしに業務を行えますが、准看護師は医師または看護師の指示なしに業務を行うことはできません。では実際に看護師や准看護師になるにはどうすればいいのでしょうか?

看護師資格を取得する場合は、「看護大学」「看護短大」「看護専門学校」に進学して国家試験に合格すれば資格取得となります。看護師は国家資格ですが、准看護師は国家資格ではありません。

看護師、准看護師になるには

看護師になるには、高校を卒業後、法律で定められた養成施設で最低3年以上勉強をし、国家試験に合格をして看護師になるのが一般的です。養成施設で最低3年以上勉強をしないと国家試験の受験資格すら得ることができず、狭き門となっています。

准看護師から看護師に進むことも可能です。この場合だと、昼間の学校であれば2年間、定時制の学校であれば3年間の勉強を経ることで、国家試験の受験資格を得ることができます。なお看護師には年齢制限がなく、目指したいと思えば、いつでも看護師になることができます。

准看護師になるには、主に2通りの方法があります。
1つ目は、中学卒業後に専門の養成施設に入り、昼間の学校ならば3年間、定時制の学校であれば4年間勉強をすれば、准看護師試験を受けることができます。
2つ目は、高校卒業後、昼間の学校であれば2年間で試験を受けることができるようになります。試験は複数の都道府県で受験が可能なため、看護師試験よりは取得しやすくなっています。

そのため、最短で看護師になるには中学卒業後に専門の養成施設に入り、准看護師の資格を取得し、その後に看護師の資格を取得する方法が一般的です。この場合20歳で看護師になることができます。

資格取得後のステップアップ

資格取得後の収入やステップアップは異なります。収入に関しては、看護師の方が高いのが現状です。ステップアップに関しては、以下の2つの資格があります。

・認定看護師
必要な教育課程を修了し、特定の看護分野において、熟練した看護知識と技術を用い看護ケアを実践できる看護師として、日本看護協会から認定を受けた者をいいます。

・専門看護師
専門看護師とは日本看護協会専門看護師認定試験に合格し、ある特定の専門看護分野において卓越した看護実践能力を有することが認められた者をいいます。

認定看護師と専門看護師は少しずつ増えてきてはおりますが、まだ病院に数名しかいないところがほとんどです。まさしくこれからの資格といえるでしょう。

看護師を取得されてからご自身の興味の方向性が決まったら、その分野でのステップアップとして目指してみては如何でしょうか。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。