医療保険はそもそも必要か?

医療保険って必要?

医療保険って必要?

以前から、「医療保険はそもそも必要か」という問いに対して、ファイナンシャルプランナーなどの間では賛否両論ありました。理由は、日本の健康保険制度が充実しているため、入院時にかかる治療費を医療保険に頼る必要がないのではないかということです。

医療費の自己負担は3割負担でいいですし、高額療養費制度という自己負担額の上限があります。したがって、健康保険が適用さえされれば、医療費が家計を揺るがすことはない、という考えです。

数年前までは、こうした医療費の自己負担について3割負担は知っているけど、高額療養費は知っている方が少なかったように思いますが、最近はほぼ皆さんご存知のようで、それほど自己負担が高額にならないことは理解しているように思われます。

この事実に加えて、昨今の医療事情です。医療制度や医療技術の進歩により、積極的な治療ができない場合はすぐに退院を余儀なくされたり、以前は数十日の入院が必要だった病気が、日帰りの手術に通院治療、なんてことも珍しくなくなってきました。

こうしたことを踏まえ、現状を把握しているとしたら、一見、医療保険のニーズは少なくなってきたように感じられます。しかし、医療保険はいらないという人は非常に少数派です。

多くの方が医療保険については具体的な根拠はないけど、必要性を感じているというのが現状ではないでしょうか。

聞いてみると、理由はさまざまです。やはり、病気になったとき大切な貯金を取り崩したくない、急な出費は今の家計では厳しい……などなど、人それぞれです。

必要性を感じるというのは、理屈ではないということなのでしょうか。

>>最近の医療保険事情とは?