ボラカイ島唯一の5ツ星リゾートホテル、シャングリ・ラ

シャングリ・ラボラカイ

バニュンガンビーチはゲストのみでくつろげます

かつてBMW社のユーザーアンケートで「世界でいちばんキレイなビーチ」に選ばれた、ホワイト・サンドビーチで知られるボラカイ島。こぢんまりとしたリゾートが主流の島にあって唯一の5ツ星がシャングリ・ラ ボラカイ・リゾート&スパです。そのラグジュアリーな魅力を探っていきましょう。 

自然保護区内の静かなロケーション

シャングリ・ラボラカイ

ツリーハウスヴィラから見下ろしたリゾート風景

シャングリ・ラ ボラカイ・リゾート&スパが位置するのは、島の北西の自然保護区内。珍しいフルーツバットなどが生息する12ヘクタールの敷地は、周囲から隔絶された静寂に包まれています。ゲストだけで占有できるバンニュガン・ビーチと、230mの長さがあるプンタ・ブンガビーチ、岬を挟んで異なる魅力のビーチが2カ所あるのもポイントが高いです。

 
シャングリ・ラボラカイ

エコ・センターでは自然の豊かさを伝えるパネル展示に加え、クラフト作りの実演も

そして、この豊かな自然や地元の文化に関する知識を深め、保護するために、リゾート内にはエコ・センターという施設もあります。パネル展示に加え、地元の方がクラフト作りの実演をすることも。エコにも前向きなリゾートなのです。

 

憧れはツリーハウス・ヴィラ!

シャングリ・ラボラカイ

ベッドに横たわったまま海が望めるツリーハウス ヴィラのベッドルーム

ゲストルームは標準クラスでも60平方メートルのゆったりとした広さ。アバカという草を使ったラグやカピス貝のランプがナチュラルな風情で、フィリン国内各地のアートピースが目を楽しませてくれます。 

シャングリ・ラボラカイ

ガラス窓を全開にもできるつりーハウス ヴィラのリビング

客室タイプはホテルから独立型ヴィラまで10種類もあります。ビーチ近くのロケーションも心惹かれますが、おすすめはツリーハウス・ヴィラ。海を一望にする丘の上に建つデュープレックスタイプです。1階に眺めのいいベッドルームとバスルーム、2階に三面がガラス窓の開放的なリビングとジャグジーを置いたテラスがあります。このジャグジーからの眺めが素晴らしいこと!

 
シャングリ・ラボラカイ

バトラーにリクエストして、朝食をテラスで

ぜひバトラーにロマンティックなジャグジーのセッティングをお願いしてみてください。ディナーの間や外出中などに、ジャグジーに適温のお湯とたっぷりの泡、そしてアロマの香りを焚いておいてもらえます。部屋に戻ったら、即、海を眺めながらのジャグジータイムという仕組み。かなりゴキゲンです。

 

ボラカイ島の白砂を使ったCHI「氣」スパのトリートメント

シャングリ・ラボラカイ

白砂が有名なボラカイ島ならではのトリートメント「ボラカイ・サンド&シー」

数々の賞に輝く、シャングリ・ラのCHI「氣」スパ。ここボラカイ島でも、充実した施設を取り揃えています。5174平方メートルのスパ施設には邸宅風のトリートメントルームが10棟に加え、施術後にくつろげる専用のプールやジャグジーもしつらえています。おすすめのメニューはタカラ貝と白砂を使った、「ボラカイ・サンド&シー」。砂を詰めた竹筒で波音を演出するなど、小技も効いています。

 

アトラクティブな食体験が待つレストラン群

シャングリ・ラボラカイ

メインレストランの「ヴィンタナ」。ビュッフェとアラカルトメニューがあります

シャングリ・ラボラカイ

「ヴィンタナ」の朝食に登場する、ヌードルコーナー。その場で好みの麺をゆでてくれます

メインの「ヴィンタナ」は三方が高いガラス張りの窓でめぐらされた開放的なビュッフェ&アラカルト・レストラン。ビュッフェといえども、プレゼンテーションが美しく、活気溢れる雰囲気です。そして岬の上のシグネチャー・シーフードレストラン「シレナ」は、サンセット時から陣取りたい眺めのよさ。

梢の高さで視界が開けるイタリアンの「リマ」では、シェフが得意とするトスカーナ料理をワインと一緒に味わいたいところ。シチュエーションも様々なレストランが揃っています。

 

<DATA>
シャングリ・ラ ボラカイ

ビーチ前のプールはコーナーをあちこちに配し、プライベート感を演出

Shangri-La's Baracay Resort & Spa
住所:Barangay Yapak, Boracay Island, Malay, Aklan, 5608, Philippines
TEL:+63-36-288-4988
アクセス:マニラから国内線でカティクラン空港またはゴドフレッド ラモス空港へ。陸路+スピードボートで約30分
料金:1万8800ペソ~