身近なアイテムに好みのものが増える楽しみ

文房具や革小物、装身具などに注目が集まっているせいか、ここ最近登場するアイテムには、とても良いモノが増えていると感じます。作る側の意識も、使う側の意識も、大きく転換したような感じで、機能だけ、デザインだけといった製品が減り、デザインは機能に奉仕し、機能は新しいデザインを生み出す、といった良い循環の製品が数多く登場しているように思います。

ただ、そのような「良い製品」は、従来のタイプの製品に比べて、デザインと機能が自然に融合しているせいか、見た目やスペックだけでは、その良さが分かりにくい場合が多々あります。使っていて、しみじみと良いと思える製品ほど、見た目のインパクトや話題になる突出した機能がないというのは、昔からよくある事ですが、最近は、全体のレベルが上がっている事もあり、さらに分かりにくくなっている気がします。つまり、当然ですが使ってみないと良さが分かりませんね。

という事で、このところ使っていて面白かったもの、良さを感じたものを4点、ご紹介。どれも、それほど派手なモノではありませんが、普段使いのアイテムに気に入っているものが増えるのは楽しい事で、そういうアイテムに出会う事が、モノ好きの醍醐味。それぞれが買いやすい価格なので、気になるものがあれば、是非、手に取ってみてください。

LED「Key wear」

キークリップ01

LED「Key wear」2625円

キーホルダーやキーケースというジャンルは、定番がない分野で、それだけに色々使ってみる楽しみもありますが、ガイド納富が、rethinkの「Clipon」に続いて、ようやく見つけたのが、この「Key wear」です。一言で言えば、ポケットやカバンに引っ掛けられるため、出し入れがスムーズで、しかも服やカバンのデザインを邪魔しないシンプルなキークリップ、といった所でしょうか。

アルマイト仕上げのマットな黒がやたらとカッコ良くて、その塗装が上手く出来過ぎていて、一見、プラスチック製に見えてしまうほどの丁寧な仕事も魅力です。これ、中国の工場で作られているのですが、このクオリティは中国製のイメージを大きく覆してくれます。
キークリップ02

鍵を邪魔にならずに収納して、素早く出し入れできるキークリップは、ありそうでなかったもの。ギフトにも是非

そして、スリムなデザインなので装着する場所を選ばない上に、軽いので、ポケットに挿していても服の形が崩れません。ガイド納富は、主にカバンのポケットの端に差し込んで使っているのですが、これもまた邪魔になりません。サイズはしっかりあるから、カバンの中で見失う事なく、手を突っ込んで、サッと引き抜く事も可能。

デザイン自体が主張する事はないのに、単体で見ると、まるで一枚のプレートのようなルックスもカッコ良いですね。クリップ部分が二重になっていて、スムーズな着脱ができるのに、抜け落ちにくくなっているのですが、そのクリップの構造自体がデザインになっているのも、ガジェット好きの心をくすぐります。そのあたりが、使っていて楽しくなる要因です。LEDでは、このクリップ部分の構造を使ったiPhoneケースなども作っているので、別の機会に紹介できればと思っています。


次のページでは鉛筆で使うアレの紹介です。