リトルインディアとは?

ヒンドゥー寺院に拝観に来ていた女性たち

ヒンドゥー寺院に拝観に来ていた女性たち

シンガポールに初めてインドの人々渡って来たのは19世紀初頭。その後、インド東部・北部から商人や労働者たちが沢山移住してきました。19世紀終わり頃までにはシンガポールのインド人社会が形成されたと言われています。

当初、リトルインディアはチャイナタウンのすぐ隣に位置していましたが、商いや労働力を必要としたエリアが近いセラングーンロード付近へと移動。1960~70年代には、政府の政策によりリトルインディアに住んでいた人たちの多くが公団住宅へ移りました。そして、80年代に景観保存地区に定められてからは、更に商業、観光色が強くなりました。現在はインド系の人々が集う場所、そしてシンガポール有数の観光名所として知られています。

この記事では、そんなリトルインディアをさらにMRTリトルインディア駅周辺とファーラーパーク駅周辺とに分け、各々のエリアでおすすめのスポットをご紹介していきます。

リトルインディアのアクセス

メイン通りのセラングーンロードから脇道に入ると昔ながらの雰囲気が残っています

メイン通りのセラングーンロードから脇道に入ると昔ながらの雰囲気が残っています

リトルインディアへのアクセスは、MRT北東線の利用が便利。リトルインディア駅とファーラーパーク駅の2駅の東側がリトルインディアと呼ばれるエリアになります。駅と駅の間は1キロメートル程度ですので、その間を歩くことも可能。線路と平行に走っているセラングーンロードに沿って歩けばより効率よくまわれるでしょう。

<DATA>
■Little India
アクセス:MRTリトルインディア駅、ファーラーパーク駅周辺

リトルインディアのお勧めホテル サンタ グランド リトルインディア

ショップハウスのクラシカルな外観とモダンな客室とのギャップがGOOD! 

ショップハウスのクラシカルな外観とモダンな客室とのギャップがGOOD!

リトルインディアのほぼ中心に位置するホテル、サンタ グランド リトルインディアは60年前に建てられたショップハウスを改装し、2009年にオープンしたばかりの新しいホテル。外観には当時の趣を残しているので、一歩中に入ると、打って変わってモダンで機能的なつくりの内装に驚かされるかもしれません。ホテル1階にはインド料理のレストランがあり、朝食はここでいただくことができます。全20室という小規模でアットホームな雰囲気が魅力のこのホテル。リトルインディアをアクティブに散策したい人におすすめです。

<DATA>
Santa Grand Hotel Little India
住所:3 Veerasamy Road
TEL:65-6299-6007
料金:128シンガポールドル~
アクセス:MRTリトルインディア駅から徒歩約7分

MRTリトルインディア駅周辺

リトルインディアで見つけたインド音楽の専門店。楽器やCDなどが小さな店内に所狭しと並んでいます

リトルインディアで見つけたインド音楽の専門店。楽器やCDなどが小さな店内に所狭しと並んでいます

駅名からそのものズバリ、このエリアのキーステーション。リトルインディア散策はここからスタートしましょう。駅前には、ホーカーセンター、ウエットマーケット(市場)、衣料品店が一堂に会したテッカーセンターがあります。またテッカモールという名前で知られていたショッピングセンターが、The Verge(ザ バージ)としてリニューアルオープン。近代的な建物ですが、リトルインディアらしいテナントや電化製品店、値段の安さで知られるスーパーマーケットのシェンションなど、庶民派のお買い物スポットです。また、観光名所のスリ・ビーラマカリアマン寺院もこの駅が最寄です。

リトルインディア駅の観光名所1 テッカーセンター

ウエットマーケットでは南国ならではのフルーツも沢山見つかります

ウエットマーケットでは南国ならではのフルーツも沢山見つかります

リトルインディアで一番賑わいを見せているスポットが、このテッカセンター。シンガポールではズージャオセンターともKKマーケットとも言われるなど、いろいろな呼び名があります。野菜や果物、肉、魚……といった生鮮食料品を扱うウエットマーケットをはじめ、魚の頭の入ったカレーであるフィッシュヘッドカレーやビリヤニといったインドのフードメニューが豊富なホーカーセンター、パンジャビドレスなどインド系ファッションの衣料品店など、食事からショッピングまでインドの雰囲気を十分楽しめます。不定期ですが、オウムが占いのカードを引いてくれるオウム占いなど、各種占いも行われていて異国情緒漂うスポットです。

<DATA>
■Tekka Centre
住所:665 Buffalo Road
営業時間:店舗によって異なる
アクセス:MRTリトルインディア駅すぐ

 

リトルインディア駅の観光名所2 スリ・ビーラマカリアマン寺院

沢山の神々が彫られているゴープランは芸術的

沢山の神々が彫られているゴープランは芸術的

セラングンーン通り沿いにあるリトルインディアのシンボル的存在のヒンドゥー寺院。1881年に建立されました。正面の塔門(ゴープラン)のカラフルな彫像や紅白の塀が目に鮮やかな寺院でヒンズーの女神カーリーを祀っています。

<DATA>
Sri Veeramakaliamman Temple
住所:141 Serangoon Road
TEL:65-6295-4538
拝観時間:5:30~12:15、16:00~21:00
アクセス:MRTリトルインディア駅徒歩5分

リトルインディア駅のショッピング1 シェンション

朝7時から営業しています

朝7時から営業しています

シンガポール庶民に人気の激安スーパーマーケット、シェンション。ショッピングセンターのザ バージ内にあるお店は、早朝から閉店時までいつも賑わっています。ドライマンゴーやマーライオンのチョコレートなど、ちょっとしたお土産探しにもおすすめです。もちろん、デパートや空港で買うより格安です。

<DATA>
Sheng Siong Supermarket
住所:2 Serangoon Road, #B1-01/33 & #B2-01/05 The Verge
TEL:65-6296-2833
時間:7:00~22:30
アクセス:MRTリトルインディア駅徒歩3分

 

リトルインディア駅のショッピング2 リトルインディア・アーケード

ポップな色彩が目に留まります

ポップな色彩が目に留まります

1913年に作られたアールデコ様式のショップハウスを使ったアーケード。お土産店からコンビニエンスストアまでいろいろなお店が入っています。中でもインド政府直営のショップ、ハンドルームスは観光客に人気。シルクやインド綿を使った小物や洋服がお手頃価格で手に入ります。

<DATA>
■Little India Arcade
住所:48 Serangoon Road
時間:店舗によって多少異なる
アクセス:MRTリトルインディア駅徒歩3分

 

リトルインディア駅のグルメ バナナリーフ・アポロ

人数が多ければいろいろなカレーが少しずつ食べられますね!

人数が多ければいろいろなカレーが少しずつ食べられますね!

魚の頭が入ったカレー、フィッシュヘッドカレーが名物の有名レストランとして観光客にも人気の南インド料理店。バナナの葉に盛られたお料理は見た目にもバッチリ。チキンカレーをはじめその他のメニューも美味。

<DATA>
■The Banana Leaf Apolo
住所:54~58 Serangoon Road
TEL:65-6293-8682
営業時間:10:00~22:00
アクセス:MRTリトルインディア駅徒歩5分

 

MRTファーラーパーク駅周辺

リトルインディアの北端にあるMRT北東線のファーラーパーク駅。レースコースロード沿いにはヒンドゥー寺院をはじめ、仏教、道教のお寺が並んでいて多民族・多宗教国家シンガポールを象徴するような街並みです。また、24時間営業のショッピングセンター、ムスタファセンターもこの駅が最寄り。

ファーラーパーク駅の観光名所1 スリ・スリニヴァサ・ペルマル寺院

高さ18メートルの巨大なゴープラムは9段に分かれています

高さ18メートルの巨大なゴープラムは9段に分かれています

1855年創建のヒンドゥー寺院。1978年にシンガポールの重要記念建築物に指定されました。ブラフマー、ヴィシュヌ、シヴァ神を祀っています。カバディと呼ばれる御輿を鉄串で体に固定し行進を行うヒンドゥー教の奇祭、タイプーサムの出発点としても知られています。

<DATA>
Sri Srinivasa Perumal Temple
住所:397 Serangoon Road
TEL:65-6298-5771
拝観時間:6:30~12:00、18:00~21:00
アクセス:MRTファーラーパーク駅徒歩3分

ファーラーパーク駅の観光名所2 
シャカ・ムニ・ブッダガヤ寺院(千燈寺院)

写真撮影(フラッシュ無し)は仏像正面のみ可能です

写真撮影(フラッシュ無し)は仏像正面のみ可能です

1927年にタイからやってきた僧侶によって創建された仏教寺院。シンガポール最大、高さ15m、重さ300tの仏像の周りには1080の法灯が輝いていて千燈寺院と呼ばれるようになりました。仏像の内部には、寝釈迦仏があり裏側から入れるようになっています。

<DATA>
■Sakya Muni Buddha Gaya Temple
住所:366 Race Course Road
拝観時間:8:00~16:45
アクセス:MRTファーラーパーク駅徒歩5分

 

ファーラーパーク駅の観光名所3 龍山寺

彫刻の美しいお寺です

彫刻の美しいお寺です

千燈寺院のレースコースロードを挟んだ斜め向いにある龍山寺(Leong San See Temple)は道教のお寺です。福建省にある同名の寺院にちなんで1917年に建てられました。その後何回か改修が行われ現在の姿となりました。寺院の奥には観音像が祀られています。屋根の装飾の龍の彫刻の素晴らしさは必見です。

<DATA>
■Leong San See Temple
住所:371 Race Course Road
TEL:65-6298-9371
拝観時間:6:00~18:00
アクセス:MRTファーラーパーク駅徒歩5分

 

ファーラーパーク駅のグルメ シタラ レストラン 

夜遅くまで営業しているので便利です

夜遅くまで営業しているので便利です

セラングーンロード沿いにあるシタラ レストランは、便利な立地で店内も綺麗、且つ外国人客が多く利用しているので、インド料理初心者でも気軽に入れる一軒です。カリフラワーカレーやキーマカレーなど種類豊富なカレーやナンの美味しいレストランとしても人気。ランチタイムには16シンガポールドルのブッフェが楽しめます。

<DATA>
■Sitara Restaurant & Lounge
住所:291 Serangoon Road
TEL:65-6291-3211
営業時間:11:00~23:30
アクセス:MRTファーラーパーク駅徒歩3分

 

ファーラーパーク駅のショッピング ムスタファセンター

香辛料をはじめインドカレーのレトルトなど珍しい商品も多い2階食品売り場

香辛料をはじめインドカレーのレトルトなど珍しい商品も多い2階食品売り場

観光スポットにもなっているリトルインディアの人気ショッピングセンター、ムスタファ・センター。シンガポールでは珍しい24時間営業の大型ディスカウントストアです。時計、アクセサリー、デジタル製品、コスメ、民族衣装など、様々なジャンルの製品が並んでいます。特に2階の食品売り場は必見。インド料理に欠かせない香辛料が豊富に揃っています。また、この中にある両替所はレートが良いのでシンガポールドルが必要な場合は利用しましょう。

<DATA>
Mustafa Centre
住所:145 Syed Alwi Road,
TEL:65-6295-5855
営業時間:24時間
アクセス:MRTファーラーパーク駅徒歩3分
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。