フードコートにはパンダがいっぱい

パンダのパンダっふる

1階のフードコート・ルエノにはパンダスイーツなどが充実。こちらはコージーコーナーの『パンダのパンダっふる』

1階はコンビニエンスストア・ファミリーマートとフードコート『ルエノ』。ルエノにはファーストフードの『ロッテリア』と、パスタ&ピザをメインとしたカジュアルイタリアン『ピアトリア』、ベーカリー『フォルサム』、そして『銀座コージーコーナー』の4店舗で構成され、好きなモノを好きなだけ各お店で購入し、160席あるスペースで味わうことができます。

ルエノあんぱん

いくつも欲しくなる『ルエノあんぱん』

ここでの注目ポイントは、上野のシンボルともいえる動物・パンダにちなんだフード。

例えば焼きたてパンが並ぶベーカリー・フォルサムには、手のひらサイズのサイコロ型パン『ルエノあんぱん』(180円)が登場。シンプルなのに可愛さの漂う、四つん這いのパンダが刻印されたあんパンは、ここでしか手に入らないので東京土産としても活躍しそうです。

 

パンダBOX

持ち歩きたい『パンダBOX』

そして全国に店舗のあるロッテリアにもここだけの限定パンダが。エビバーガーかてりやきバーガーいずれか一品と、ポテトS、さくさくソーセージロール、からあげっとがセットになった『パンダ BOX』(700円)を購入すると、もれなくパンダの顔型ボックスに入ってサーブされます。片面ずつ男の子パンダと女の子パンダになっているパッケージ。テイクアウトして自慢げに上野公園を歩きたくなるボックスです。

 

パンダっふる実演風景

次々とできあがる『パンダのパンダっふる』

銀座コージーコーナーには、思わず食べるのをためらう、キュートなパンダの顔型ワッフル『パンダのパンダっふる』(150円~250円)が登場。このワッフルを作っている様子は実演コーナーで見ることができ、全て店頭で作られています。出来立てでなければ独特の“もっちり感”を実現できないというのがその理由だそうで、確かにもっちり、ジューシーな味わい。食後の満足感が大きいスイーツです。カスタード、カスタード&いちごミルククリーム、あんこ&いちごミルククリームの3種類があります。

次のページでは、全国に店舗がありながらUENO3153にしかない仕掛けいっぱいの飲食店をチェックします