院内の情報共有や自己啓発について

院内では比較というのはなかなか難しいのですが、情報の共有化や自己啓発をどんどん進めています。

例えば症例検討会については毎週行い、ナースからの視点、ドクターからの治療経過、培養士からの助言を意見交換し、エビデンスを確認しています。培養室長の今野氏が来てから促進しています。

価格はどのように変わりましたか?

治療費は一部変更しているものの、ARTについては据え置きなのでほぼ変わっていません。10年前から患者数と症例数が増えているので、スタッフの数が増えています(笑)。
embryo

胚培養士室の皆さんです。卵子と精子のスペシャリストです。


また逆にエコーの費用などは回数が多い人もいるので割引しています。当院の発想として経営が成り立っていて、損しなければよいという部分もあり、価格はかなり良心的だと思います。

今後のビジョンについて

ASKAは奈良の不妊治療を支えているクリニックですので、地域医療として安定的に経営をしていくことが重要で、その上に技術向上と安全性の確保が大事と思っております。よって、事業規模としては現状維持で、不妊の最新情報を取り入れつつも、流行に流されないどっしりとした医療を目指します。

それから、今後、男性不妊については力を入れていきたいと思っております。

最後に云いたい事

最近の報道に対しては一言云いたい事があります。不妊治療のニュースを三面記事的に取り上げ、何を伝えたいのかがさっぱりわからないケースが増えています。

不妊は病気として社会性をはらんでいます。ある意味、責められない病気であり、自業自得ではないと思います。だから、学会なりがしっかりとしたデータをきちんと広報していくような取り組みは必要なのではないかと思います。

まとめ

この10年間、ASKAレディースクリニックの中山先生を中心とするスタッフが奈良の生殖医療を牽引し、コツコツと不妊治療を続けられてきたことを私もずっと拝見しておりました。

不妊治療は特別なものではない、地元で落ち着いてじっくりと治療すればストレスなく、すんなりと妊娠するケースが多いことはASKAの治療を見ていれば分かります。

中山先生の言われる「不妊の地域医療」という言葉と動きは今後、全国に広がっていくように思います。

中山院長先生、長時間のインタビューに応じて頂き、ありがとうございました。
この場をお借りして厚く御礼申しあげます。

●関連サイト
ASKAレディースクリニック

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項