ユーモアある京都土産に…伏見稲荷「いなりや」のきつね煎餅

 

 

朱塗りの千本鳥居で有名な稲荷神社の総本山「伏見稲荷」の参道にある「いなりや」さん。お稲荷さんのシンボル・きつねをかたどった「きつね煎餅」の元祖と言われるお店です。

店内では時間帯によっては、きつね煎餅をはじめ、さまざまな煎餅を焼く様子を見ることができます。こちらの煎餅は、白味噌の甘さとゴマの香ばしさが香る、甘くパリッとしたタイプ。けっこう歯ごたえがあります。

お面のように遊びたくなる「きつね煎餅」は、見た目の楽しさはもちろん、食べてもとてもおいしいのです。ほかに、鳥居の上をきつねが跳ねている焼き型の「いなり煎餅(丸)」や和風フォーチュンクッキーといった感じの、おみくじが入った「辻占煎餅」もありますよ。きつね煎餅は小さいもので3枚340円~、大きいもので5枚1050円~です。ちょっとユーモアがある、こんなお土産もいいですよね。

■総本家いなりや
住所:京都府京都市伏見区深草開土町
Tel:075-641-1166
営業時間:8:30~17:30
定休日:金曜 ※毎月1日、祝日をのぞく
地図:Yahoo!地図情報
HP:http://www014.upp.so-net.ne.jp/inariya/
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。