日本におけるファクトリー・アウトレットと楽しみ方 

アウトレットという新業態が日本に上陸して、わずか十余年。現在では、欧米のブランドメーカーが提供するアウトレット品を取り扱うのはもちろんのこと、日本のメーカーもまた、アウトレット品を本格的に用意、販売する時代を迎えました。

近ごろでは、インターネットなどを通じてファクトリー・アウトレットを提供する日本メーカーもあります。さらに都心立地の独自店で、アウトレット品を提供するメーカーや小売店も現出しはじめました。いずれも、ファクトリー・アウトレットが進化を遂げた姿といえるでしょう。アウトレットモールのように複数のブランド集積はみられないものの、信頼と実績のある日本製のブランドが、ピンポイントでお安く入手できるのは大きな魅力です。

産業遺産として注目される「ノリタケの森」にもアウトレット品が

産業遺産として注目される「ノリタケの森」にもアウトレット品が

工場近くに立地するアウトレット店の場合、関連する美術館や博物館、製造工程が見学できるプラントツアー、実際にものづくりを体験できるコーナーなどが併設されているケースもあり、ショッピング以外のお楽しみも充実させているのがうかがえます。これら関連施設を見学することで、製品への関心が高まり、購入した品に愛着もわくことでしょう。また、周辺の観光情報を事前に入手して、レジャー感覚で立ち寄るにも最適です。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。